療法士が知っておきたい薬剤のこと

  • Line
  • Hatena
1432 posts

 々療法士が担う、リハビリテーションにおいて、担当患者、利用者の薬剤状況を把握しておくことは必須です。しかし、養成校時代から薬剤に関する詳しい授業項目もなく、卒後各自の学習に依存しているのが現状です。

 

一時期、養成校の新カリキュラム案の中にも、「薬剤」の項目がありましたが、見送られています。ということで今回は、療法士が知っておきたい、薬剤の基本的な副作用と各種療法を実行する上で考慮しておきたい点について、お伝えいたします。

 

今後、みなさまからの要望によっては、連載になる可能性がございますので、ご要望等ございましたら、プレミアム会員限定の「LINE@」よりご連絡ください。

 

まだご登録がお済みでないかたは、こちらからご登録ください(初回登録時ボーナスをご用意しております)↓

友だち追加

 

薬剤と副作用

抗がん剤

 抗がん剤治療を受けている患者の場合、白血球数が極端に減少しています。これにより、全身の倦怠感があり、体を動かすことが億劫になります。つまり、モチベーションの低い患者の場合、リハ拒否の原因となる場合があるため、投薬常用を事前に確認しておく必要があります。

 

POSTのインタビューにて乳がん後の理学療法の専門家である萬福先生は以下のように解説しています。

乳がんで使用するタキサン系の抗がん剤は、細胞分裂に必要な微小管に作用し、がん細胞の細胞増殖を抑制します。神経細胞の軸索にも微小管があり、これが障害されるとニューロパチーを引き起こし、末梢神経障害を起こします。また、侵害受容器への刺激や中枢性感作、エストロゲンの低下により関節痛や筋肉痛を生じます。

第二回:乳がんサバイバーの痛み、痺れって?【萬福 允博先生】

 

副腎皮質ステロイド剤

 副作用は多岐に渡りますが、特に注意すべきは骨粗鬆症です。骨粗しょう症になることで、骨折のリスクが高まるため、呼吸器リハにおける介助運動、徒手療法等、注意が必要になります。

 

担当患者が、このような薬剤の既往歴がある場合、事前に骨密度も確認できるとベストだと思います。

 

糖尿病治療薬

 何と言っても低血糖症状には注意が必要です。低血糖症状は、空腹感、悪心、あくび、無表情、だるさ、会話停滞、学習力減退、冷や汗、頻脈、腹痛、奇異な行動、意識低下、痙攣、昏睡があります。

 

POSTのインタビューにて日本糖尿病理学療法学会副代表運営幹事の井垣誠先生が急性血糖降下作用について以下のように説明しています。

運動をすることにより血中の糖が筋に取り込まれ、その時の血糖値は低下します。この運動の急性効果には、インスリン非依存性およびインスリン依存性糖取り込みが作用しているといわれています。

インスリン非依存性糖取り込みでは、筋収縮によりAMPキナーゼが活性化され、GLUT4の細胞質から細胞膜への移動(トランスロケーション)が促進されます。

通常、「筋収縮そのものの刺激による経路」と「インスリンシグナル伝達経路」の2つの糖取り込み経路が加算効果となって表れるといわれています。

第三回:糖尿病に関する運動療法を生理学からわかりやすく解説【日本糖尿病理学療法学会 副代表運営幹事|井垣 誠先生】

 

また、作用時間に留意する必要があります。作用時間がピークの時に、運動療法を行えば、低血糖発作を起こす可能性が高くなり、リハ室内で倒れてしまう可能性があります。

 

インスリン製剤は数種類あり、その発現速度から、速効型、準速攻型(セミレンテ)、中間型、遅効型などに分かれるため、事前確認が必要です。

 

β遮断薬

 主に心不全をはじめとした以下の状態(心筋被刺激性の抑制、洞性頻脈、上室性・心室性不整脈など)に使用されますが、副作用として、徐脈、不眠、抑うつなどがあります。

 

運動強度の強い階段昇降などを行うと、突然の心停止に至る危険性があります。

 

気管支拡張薬

 リハ開始前の安静時心拍数が120拍/分を超えている場合があります。医師に心拍数の上限を確認し、リハを行う必要があります。

 

抗不安薬

 精神が高揚傾向になるため、積極的にリハを行うことがある。患者さんの意欲が、薬の副作用なのか、患者さんの能動的な意欲なのかを分けて評価しておく必要があります。

 

麻酔剤

 麻酔剤の影響で、無呼吸から無気肺、になることがあるため、呼吸リハが必要になるケースがあります。全身麻酔でのOpe後の患者さんは基本的に、呼吸器のチェックを行うことが重要です。

 

まとめ 

 今回は、非常に基本的な薬剤に関する副作用と、リハ中の注意点をお伝えいたしました。細かい、薬剤ごとにも副作用等が異なりますので、今後詳細な情報を、皆様にお伝えしていくと思います。

 

参考文献

 

今日の治療薬2019: 解説と便覧
Posted with Amakuri at 2018.12.30
浦部 晶夫, 島田 和幸, 川合 眞一
南江堂

 

治療薬ハンドブック2019 薬剤選択と処方のポイント 特典アプリがついています
Posted with Amakuri at 2018.12.30
髙久 史麿, 堀 正二, 菅野 健太郎, 門脇 孝, 乾 賢一, 林 昌洋
じほう

 

美容師が知っておきたい薬剤成分用語まるわかりBOOK
Posted with Amakuri at 2018.12.30
女性モード社
女性モード社
  • Line
  • Hatena
療法士が知っておきたい薬剤のこと
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01