療法士の転職は夏が良い理由!

リハ職の他分野流出を懸念 継続的賃上げを|リハ議連が3団体の提言を受ける

905 posts

11日、「リハビリテーションを考える議員連盟」第9回総会が開催され、牧島かれん氏(衆議院議員)が、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会からの提言を受けたブログ記事が更新されました。この提言では、リハビリテーション専門職の人材確保と処遇改善が課題となっていること、および、高齢者・障害者の自立支援におけるリハビリ専門職の重要な役割が強調されています。

"リハビリテーションの質を保つためには、卒後生涯教育が重要であり...タスク・シフト、タスク・シェア推進にも繋がっていきます。"

"...地域包括支援センターへの理学療法士の配置がされているのは146箇所(約2.7%)で、5258箇所では配置されていません......"

"...こども家庭支援センターへの療法士の配置を通じて...多様な家庭環境等に関する支援体制の充実・強化に寄与することが期待されています。"

(牧島議員ブログより引用)出典:牧島かれんブログ: リハビリテーションを考える議員連盟、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のみなさんからの要望

さらに、リハビリ専門職による障害特性に応じた就労支援の重要性、災害時の高齢者ケアにおける役割など、活躍が期待される分野が複数挙げられています。最後に、リハビリテーション専門職の資質向上と効果的活用を推進するため、厚生労働省内にリハビリテーション課の新設を求める提言がなされています。このように、リハビリテーション専門職への社会的ニーズは高まる一方だが、課題も多く残されていることがわかります。

リハ職の他分野流出を懸念 継続的賃上げを|リハ議連が3団体の提言を受ける

Popular articles

PR

Articles