理学療法士が監督としてつくった映画を観にいってきた-BAILE TOKYO-

  • Line
  • Hatena
2205 posts

理学療法士がつくった映画を観にいってきた

ある日の夜、ついに行ってきましたーー。

2016年2月20日より公開された、【FC東京激動のシーズンに迫ったドキュメンタリー映画 BAILE TOKYO】実はこの映画、もともと大学病院に勤務していた理学療法士榊原有佑さん(POSTでも以前、インタビューさせていただきました)が監督を務めた映画です。

そうなれば、観にいかないわけにはいかないと、勝手な使命感をもったPOST編集長今井が、「仕事に行ってくる」と編集部に告げ、観にいってきました。

BAILE TOKYO1
 

「おっ、ここか」とわざとらしく劇場前に到着。なんだか、感動しました。以前も、榊原さん、いや榊原監督の作品を観ましたが、理学療法士がこのような場で活躍していること、非常に感慨深いです。

SHORT MOVIE CRASH [DVD]
Posted with Amakuri
CURIOUSCOPE/販売代理:アルドゥール
販売価格 ¥3,910
(2016年10月7日5時38分時点の価格)
売上げランキング: 50963

さて着席して、ポップコーンでも食らいながら、上演前のひと時を過ごします。

ちなみにポップコーンは、塩味とキャラメルのハーフアンドハーフ。

BAILE TOKYO2

※この写真は上映前に撮影しました。No more 映画泥棒。

 

気になる感想は。

あまり、FC東京のことがわからない人でも、プロの選手が何を思ってプレーしているのか、どのような思いで、チームを運営しているのか、普段みられない選手の一面、運営者の一面がみられる内容だと思います。

また、選手のリハビリテーションの風景も映像にはあって、リハビリテーション中の選手の気持ちなども垣間見えました。

この辺りは、理学療法士の視点ならではの部分なのではないかなと思います。

 

<予告編はこちらからご覧になれますので、ぜひご覧ください。>

【榊原監督のインタビューはこちら】

第一回:これまでの経歴

第二回:映画製作を考えたきっかけ

第三回:理学療法士だったから映画監督になれた

ぜひ観にいってみてください。

  • Line
  • Hatena
理学療法士が監督としてつくった映画を観にいってきた-BAILE TOKYO-
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Yoko

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01