受付中2019年04月03日 17:01に投稿

卒業生講演

おつかれさまです。
当方、回復期勤務の2年目の理学療法士なのですが、この度母校で講演を行うことになりました。
学生さんにとって、現場で働くPT に何が聞きたいか。自分なりに考えながら、とは思うのですが、皆さんのご意見いただけましたら幸いです。

基本的には症例検討から派生させていくつもりで考えてはおります。
現職のPT,OT の皆様に加え、学生会員の方のご意見をいただけますとありがたいです。
よろしくお願い致します。

回答1

はじめまして。東馬込しば整形外科勤務、兼Crawling Lab代表の稲垣です。
私もPT5年目から現在まで母校で非常勤講師をやらせていただいておりまして、その経験からお話させていただきますね。
対象になる学生さんの学年と、カリキュラムの位置付けにもよりますが、基本はこちらサイドとの温度差が半端ないです。笑
そりゃそうですよね。明日から患者さんを見る訳でもないので、そういった危機感が薄いのはある程度仕方ないです。
その状況下の中で、PTの面白さをどう伝えるかがポイントになると思います。
自分の場合ですと、臨床現場を見せてあげてくださいってカリキュラムなので、ヒトの身体ってこんな所を誘導するとこんな変化があるんだよ!って事を実技メインで見せて、体験してもらってます。
そーすると学生さんの反応が良くなるのは確かです。
症例検討からの派生自体は問題ないと思いますが、多分内容に限らず学生さんは症例検討自体にはそんなに興味がないかもしれないので、こーゆー症例の人はここを操作するとこんな反応がでるって感じで実技がプラスされればより良いかと思います。
長くなりましたが、少しでも参考になればと思います。

2019年04月04日 14:14

回答する

回答するにはログインが必要です。
ログインはこちら
マイナビ
280841.line
43165

PR

Articles

Bnr 01