膝蓋大腿部痛症候群におけるmfMRIの筋活性化パターンについて【論文から学ぶエビデンス】

  • Line
  • Hatena
692 posts

 

Musculoskeletal Wednesday by Michel van Exsel, MSc:

(訳:Ryo NOZAWA)

 

膝蓋大腿部痛症候群(patellofemoral pain 、以下PFP)は一般的な膝の障害であり正確な病因は不明のままとされている。

 

いくつかの仮説のエビデンスとして、神経筋におけるタイミングの機能不全が痛みの原因となり、異常な膝蓋骨のトラッキングを引き起こすということが挙げられている。

 

これらの計測は、通常MRIを用いて行われているが、筋機能的磁気共鳴画像法(Muscle functional magnetic resonance imaging 、以下mfMRI)は、エクササイズ後の筋の活性化を評価するための新たなツールとされている。

 

 

>From: Pattyn et al., Med Sci Sports Exerc 45 (2013) 1023-1209. All rights reserved to the American College of Sports Medicine.

 

↓↓続きはこちら↓↓

アナࢺ࣑ー理学療法 

  • Line
  • Hatena
膝蓋大腿部痛症候群におけるmfMRIの筋活性化パターンについて【論文から学ぶエビデンス】
Orange and white funny dating animated presentation  1
Ptotst

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01