身体活動性の改善がCOPDの予防・治療に有効

  • Line
  • Hatena
2079 posts

呼吸器疾患にもやはり「予防」が重要だ。

本研究は、アイリシンのタバコ煙による肺胞上皮細胞アポトーシス抑制効果を世界で初めて明らかにするとともに、COPD病態の重要因子である気腫化とアイリシン濃度との関連を示すものです。

この結果により、これまで運動による病状改善が知られていた代謝性疾患に加えて、呼吸器疾患であるCOPDにおいても運動・身体活動性維持の重要性が示唆されました。

 

詳細を読む(引用元):大阪市立大学

 

 慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:COPD)が、運動により分泌されるホルモンの働きにより予防できることが分かったと大阪市立大学のチームが発表した。

 運動・リハビリテーションによる予防法やホルモンを利用した治療薬開発につながる可能性があるという。

 チームは、運動によって骨格筋から分泌されるホルモン「アイリシン」に着目している。

アイリシン(Irisin)とは、比較的新しく発見されたホルモンだ。

ギリシャ神話の女神にちなんでイリシン・アイリシン(Irisin)と名づけられ、運動動不足解消などに関連すると注目されていた。
 

 

POST編集部 林 祐介

 

合わせて読みたい

 

【呼吸・循環器・糖尿病】内部障害リハビリ関連本おすすめ12選 

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

  • Line
  • Hatena
身体活動性の改善がCOPDの予防・治療に有効
%e5%b0%8f%e5%85%90%e3%83%aa%e3%83%8f
Ptotst

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01