急性期早期リハは診療報酬を2倍に|日本慢性期医療協会・武久会長

  • Line
  • Hatena
1631 posts

 

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は9日の定例会見で次のように述べた。

 

■急性期のリハビリを充実することで寝たきり防止が期待できる。このために急性期病棟における発症から2週間以内のリハビリでは診療報酬を2倍にし、高度急性期病院でリハビリスタッフを雇用できるようにすべきである

 

■武久会長は、「入院してから急性期病棟で過ごす2週間、1か月はリハビリにとって非常に重要な時期だが、急性期病院はリハビリにそれほど熱心ではないようだ。この期間に集中的なリハビリを提供できれば、患者の人生は全く違うものになるのではないか。

Medwatch|2018年度の同時改定でリハビリ革命を、急性期早期リハは報酬を2倍に引き上げよ―日慢協・武久会長

 

7つの提言として、他にも嚥下・排泄リハビリやガンリハビリに関しても発表している。

 

急性期医療から充実したリハビリ体制をとることで、効果の高いリハビリを提供できるのではないかということだ。

 

低栄養や脱水状態を予防することで、より早期退院も望めるようになる。

 

回復期だけでなく、急性期から在宅復帰を意識してリハビリを提供していくことがこれからの医療の課題なのかもしれない

 

合わせて読みたい

 

日本の寝たきりを半分にしよう。いや、できる。

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

  • Line
  • Hatena
急性期早期リハは診療報酬を2倍に|日本慢性期医療協会・武久会長
Ptotst
%e5%b0%8f%e5%85%90%e3%83%aa%e3%83%8f

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01