【年間300件以上採型】作業療法士が作成する魔法の車椅子 緊張ほぐれ 身体能力向上

  • Line
  • Hatena
2238 posts

作業療法士の野村氏が作成するオーダーメイド車椅子が毎日新聞に掲載され、注目を浴びている。

 

 大阪府吹田市の作業療法士、野村寿子さん(54)がつくる車椅子が評判を呼んでいる。身体障害者の体を支える「座位保持装置」を一人一人の特徴に合わせてオーダーメードすることで、姿勢が安定し、体の緊張がほぐれるという。利用し始めてから、大幅に身体能力が向上した少女の母親は「娘にとっては魔法の車椅子です」と喜びを語る。

引用元:毎日新聞|歩けた 緊張緩め、表情も豊かに 大阪の療法士がオーダーメード

 

野村氏は年間300件以上の採型を行い、姿勢保持機能を備えた座位保持装置を製作しているそうだ。

 

よく、車椅子のシーティングというと、若手療法士がよく「身体と車椅子との隙間を埋めればいい」とよく勘違いしているように思う。

 

それも、身体を触って反応をみることができるプロだからこそ、筋肉の緊張や硬さをみて良いポジショニング・シーティングを考えてあげる必要がある。

 

他にも、小学生の学習姿勢を改善するクッション「ピントスクール」なども作成され、実際に小学校で使用されているそうだ。

 

作業療法士の知識・技術は病院以外でも活かされる。興味のある方は以下のリンクから問い合わせてみては?

参考: 作業療法士 野村寿子 Hisako Nomura

 

合わせて読みたい

「障害者」を「障がい者」と表記する風潮について考える

  • Line
  • Hatena
【年間300件以上採型】作業療法士が作成する魔法の車椅子 緊張ほぐれ 身体能力向上
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01