PTのSNS発信 悪影響を与える可能性のあるものも

  • Line
  • Hatena
2054 posts

 

今月12日、日本理学療法士協会のホームページ内にて、一般の方に向けて次の注意喚起が掲載された。

▶︎ 理学療法士を名乗ってのSNS発信情報への注意喚起

 

理学療法士を名乗りソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を用いて医学上の不適切な情報発信を行っているのではないかとの問い合わせが本会にございました。本会で確認したところ、医学的に正しいとは言えず、さらに実践することにより患者さんなどの身体に悪影響を与える可能性のある治療法が掲載されておりました。

匿名で発信される情報の中には、医学的根拠のないものをさも最新の治療法のように喧伝する書き込みが行われていることが少なくありません。

 

現在、理学療法士がFacebookやtwitterなどのSNSを用いて、身体に関する情報発信を行う人が増えてきている。また、その中には過度な不安を煽り、自身の整体やサロンなどの自費サービスに繋げようとしているケースもある。


自分の頭の整理に繋がるといった自己学習の一環としてアウトプットをする人もいるが、インターネットの特性上、その情報も全く自分と関わりのない人に届いてしまう。

 

「ペンは剣よりも強し」という言葉があるが、幸にも不幸にもその人の人生を変えることを、もう少し自覚する必要があるのかもしれない。

 

  • Line
  • Hatena
PTのSNS発信 悪影響を与える可能性のあるものも
マイナビ
43183
43165

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01