膝関節の疼痛-膝蓋下脂肪体-

  • Line
  • Hatena
1153 posts

皆さん、こんにちは。火曜日担当の藤本裕汰です。本日もよろしくお願い致します。前回は膝関節の疼痛の総論を解説しました。その中で膝関節OAの中で疼痛が生じる組織を7つと報告1)されているものを説明しました。疼痛を生じる原因になる組織については以下の組織が挙げられます。本日はその中でも膝蓋下脂肪体について解説していきます。

膝蓋下脂肪体の解剖

今まで何度か膝蓋下脂肪体の解説をしていますが復習として解説していきます。膝蓋下脂肪体は膝蓋骨の下方に存在している組織になります。神経や血管が豊富であり疼痛が生じやすい組織になります。前回も解説しましたが膝蓋下脂肪体・関節包・膝蓋支帯は疼痛を生じやすい部位であると報告されています2)

膝蓋下脂肪体の後方は大腿骨顆部、上方は膝蓋骨下極、下方は脛骨前面・横靭帯・深膝蓋下包に囲まれています。膝蓋下脂肪体は膝関節の屈伸の際に動くことも特徴になります。膝関節伸展時は引き上げられ、屈曲時は膝蓋骨の裏側に侵入します。そのため動きが制限されることで疼痛や可動域制限が生じます。

 

膝蓋下脂肪体の役割については以下のクッションや潤滑作用など以下の役割があると報告されています。膝蓋下脂肪体は膝関節疾患において線維化しやすいと報告もされており、柔軟性低下を生じやすい組織になっています。

臨床上の問題点

  • Line
  • Hatena
膝関節の疼痛-膝蓋下脂肪体-
Orange and white funny dating animated presentation  1
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01