臀部痛の評価ー3要素由来の痛みの評価ー

  • Line
  • Hatena
658 posts

皆さんこんにちは。茨城県で理学療法士をしています宮嶋 佑です。

今回は臀部に疼痛が生じている患者さんを担当した際に、何を評価すればいいのかについて紹介します。臀部痛は、変形性股関節症だけでなく腰椎疾患の方にも多く見られます。臀部の筋肉の痛み?腰椎由来?仙腸関節?などなど様々な病態が考えられるため、まず何から評価すれば・・・と悩む方も多いと思います。

 

そこで今回は、臀部痛を訴える患者さんを担当した際にどのように評価して病態を推測していくかについて解説します。最後まで読んでいただけますと、臀部痛の患者さんが来た際に自信を持って評価できるようになると思いますので、是非最後までご覧ください。

 

①腰椎椎間関節

まず初めに腰椎椎間関節によるものか?を評価してみてください。腰椎椎間関節性の疼痛は、下の図を見てわかるように臀部痛を訴えるケースが少なくありません。

特にL5/S1間では、パーセンテージが高くなっておりますので臀部痛の患者さんには評価が必須となります。具体的にどう評価するかにつきましては、体幹の伸展・同側側屈をして痛みが出るか?を見てみてください。これで疼痛が出ないようでしたら腰椎椎間関節性の疼痛の可能性は低くなります。

 

疼痛が出た際には、L5の棘突起を下方から支えた状態で再度同じ動きをさせてみてください。これで疼痛が無くなるようならL5/S1の椎間関節性疼痛と考えて、治療を開始しましょう。

 

②仙腸関節性の疼痛

  • Line
  • Hatena
臀部痛の評価ー3要素由来の痛みの評価ー
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01