【10月】に一番読まれた記事はこれだ

  • Line
  • Hatena
1003 posts

第5位:水口創太(京大PT学専攻)投手 SB育成7位指名|プロ野球ドラフト会議2022

編集部コメント:「支配下以外ならプロ入りしない」と事前に明言していた水口投手。2011年から「3軍制度」を12球団で最も早く取り入れ、現在主力となる柳田悠岐、千賀晃大、武田翔太、甲斐拓也などを育て上げた実績があります。13球団目の施設と称される「HAWKS ベースボールパーク筑後」はソフトバンクホークスの育成力を支えています。現在、水口投手は「もともとプロに行きたいという思いは変わらないのですけど、育成プランなどをお聞きして納得した上で判断させてほしいという気持ちがあるので、今のところはまだ決まっていません」と、コメントを出しています。

記事はこちら▶︎https://1post.jp/6789

 

第4位:訪問看護ステーションで働く療法士が知らないと怖い話~2024年医療介護ダブル改定~

編集部コメント:訪問リハと聞くとここ最近、向かい風であると多くの療法士は認識していることと思います。きっかけは「人員配置」の見直しに関して、多すぎる療法士の訪問を抑制すべく、「6:4」という人員基準が持ち上がったことで端を発しました。今回の記事ではそれ以外にも、「要支援1.2、要介護1.2が無くなる可能性」「介護保険の利用者負担が2割へ」「大規模化への移行」など不安要素はまだあると教えてくれています。その渦中にある療法士からの情報ですので、ぜひご一読ください。

記事はこちら▶︎https://1post.jp/6776

 

第3位:信州グランセローズ|理学療法士等募集

編集部コメント:すでに全12球団に理学療法士は配置されたかと思います。そのほか現在では、BCリーグや四国アイランドリーグなど独立リーグが各地方で設立されています。これは選手だけでなく、我々療法士に取っても一つのチャンス拡大とみてよいでしょう。このような情報は常にチェックしておきましょう。オススメの方法は、Googleアラートを「理学療法士」「野球」「トレーナー」などとキーワードをセットしておくことです。

記事はこちら▶︎https://1post.jp/6774

 

第2位:米倉涼子さん腰痛による運動機能障害で主演ミュージカル降板

編集部コメント:このような話題にいち早く飛びつきやすいのが外来クリニックに勤務する整形を専門とした療法士ではないでしょうか。状況としては深刻であるように伺えますし、初動の対応が重要であることは言うまでもありません。

記事はこちら▶︎https://1post.jp/6764

 

第1位:訪問リハと訪問看護におけるリハ職の役割は異なる|第7回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ

編集部コメント:この話題は尽きることがありません。特に今回の検討会では今までとは違い「訪問看護におけるリハの役割とは違う」と明確に切り分けた点ではないかと思います。訪問によって在宅でリハを行わなければいけない状況に対して、需要と制度の不一致を起こしていることが明確なことの切り分けですが、おそらくこのまま曖昧にことが進むだろうと予想されます。

記事はこちら▶︎https://1post.jp/6785

  • Line
  • Hatena
【10月】に一番読まれた記事はこれだ
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Yoko

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01