個人と組織の成長を促進する「1on1ミーティング」とは?

1545 posts

リハビリ業界の特徴として、よく取り上げられるのが平均年齢は33.9歳と若手が多い点です。また、平均勤続年数が6.5年と転職が多い業界とも言われています。そのため、勤続年数が長くなってくるとリーダーなど管理職に抜擢される事例をよく耳にします。管理職やリーダーになると求められる成果が変わるため、どうしたらいいか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、部下と上司の関係を強化し、個人と組織の成長を促進する手段として注目される「1on1」について解説していきます。

1on1ミーティングを知っていますか?

1on1ミーティングは、近年マネジメント職向けのセミナーなどで取り上げられるなど、成果を上げている組織では導入されるケースが増えています。人材育成の視点で、上司が部下と1対1で定期的な対話の時間を持つものですが、「1on1に時間が取られ仕事が滞る」「面談と何が違うの?」といった戸惑いの声も多いとされています。

面談と1on1の違い

業務面談

仕事の進捗確認や人事評価のフィードバック、方針の伝達など、上司側に優位性があることが多く見受けられます。

1on1ミーティング

・個別の関心事や課題に対応する機会

・フィードバックと成長の機会

・個人のキャリアビジョン形成

・モチベーションの向上と関係構築

・個別のニーズに対するカスタマイズされたサポート

といった内容で開催目的は部下のため。部下が「話してよかった」が第1歩目の成果と言われています。

ポイント

上司側の知りたいことの情報収集、状況把握の機会ではないことを肝に銘じる必要があります。部下の成長の機会、つまり経験学習の促進です。上司は良い問いかけで内省を促すスキルが求められます。つまり、上司が話したい事を話すのではなく、部下の頭の中にあることを多く引き出し、自分自身で解決する補助役に徹する必要があるとされています。

point

・部下に十分話してもらう

・部下の言葉を先取りしたり、途中で遮って自分の考えを話さない

・上司依存の関係にしない

・行動で終わる

詳しくはセミナーや書籍などの商材が多くあるので、「導ける上司」になるために学んでみてはいかがでしょうか。

最後に

1on1ミーティングを積極的に導入しているEMIASグループでは、事業規模拡大につき、訪問リハ、リハビリデイ、小児リハなどの事業所で仲間を募集しています。

求人募集

 EMIASグループでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています。 HPからの求人問い合わせや採用面接は優先的に対応しています。 下記フォームより気軽にお申し込みください。

リハビリセンター▶︎https://smile-kumamoto.jp/recruit2.html#lower

訪問看護ステーション▶︎https://spito-kumamoto.jp/recruit2.html#lower

EMIASについて

リハビリセンターsmile-スミレ-

https://smile-kumamoto.jp/

訪問看護ステーションspito-スピット-

https://spito-kumamoto.jp/

個人と組織の成長を促進する「1on1ミーティング」とは?

Popular articles

PR

Articles