療法士の転職は夏が良い理由!

理学療法士の国家試験に挑戦

1160 posts

立位姿勢から膝関節を屈曲し、体幹を前傾させて静止した姿勢を図に示す。 床反力ベクトルの作用線の向きが正しいのはどれか。ただし、矢印は力の向き、点線はその延長線を示す。

1. a

2. b

3. c

4. d

5. e

答えは⬇︎

c

床反力は身体の重心と足圧中心を結ぶラインに沿って発生します。問題文には静止状態が示されており、この状態ではバランスが保たれています。例えば、運動中に重心が前方に移動すれば足圧中心も前方に移動し、逆に重心が後方に移動すれば足圧中心も後方に移動します。しかし、この問題では静止している状態を扱っているため、足圧中心は足の中央付近に位置することになります。足の中央と身体の重心を結ぶラインは、選択肢の中でCのみが当てはまります。

▶︎第58回理学・作業療法士版模試はこちら

理学療法士の国家試験に挑戦

Popular articles

PR

Articles