頸椎の解剖学 ~椎間板編~

  • Line
  • Hatena
1569 posts

今回は、脊柱の解剖学を『椎間板』にフォーカスして説明していきます。基本的な解剖学的知識をみていきます。

 

椎間板の機能構造

❶機能

 椎体間を連結し、 荷重や衝撃の吸収/緩和

❷構造と組成

 中心にある髄核と、それを囲むようにある繊維輪で構成

 ・髄核(nucleus pulposus)

  ⇒水分70~90%、コラーゲンⅡ15~20%(プロテオグリカンは乾燥重量の60%)

 

 ・繊維輪(annulus fibrosus)      

  ⇒水分60~70%、コラーゲン50~60%(外側がⅠ型で、内側ほどⅡ型の割合が高い)

  ⇒何層にも重なっており、強靭な繊維が髄核を囲む

 

 ・軟骨板

  ⇒厚さ1~2mmで椎体の上下を覆う。

   椎体内血管と連結しており、栄養を髄核と繊維輪に送る。★役割としては重要!

 

○繊維輪の豆知識

 靭帯と同じように網状(下記の図はイメージ)になっている。そのため前後屈(上下の圧)には強いが、回旋には弱い構造となっている。回旋時には、繊維の半分しか圧を受けることが出来ないのである。又、繊維が斜めに走行している為、圧縮刺激も加わる。

前屈姿勢が継続される事での臨床的デメリット

 繊維輪後方の伸張

 ❷ 反射性筋収縮の低下

   靭帯の伸張により防御的に筋が収縮するが、継続する為に筋収縮も徐々に

   弱化していき、骨への負担が増大していく

 ❸ 持続的筋収縮

   必要のない筋収縮が継続し、組織の硬化や循環の低下が生じる

 

 ということで、椎間板の栄養循環確保による機能維持を行う為には、ある簡単な運動が必要となる。

 

参考文書

1)荻島秀男 腰痛症原著第5版 1999 医歯薬出版
2)越智淳三 解剖学アトラス 第3版 2011 文光堂

 

さらに詳しく話しを聞きたい方はこちら

【触診交流会 in 神奈川】

テーマ

第一回:脊柱編

・C7,Th2,Th7,Th12,L4 / 胸椎横突起 / 大腰筋 / 多裂筋 / 内外腹斜筋 

第二回:骨盤編

・ASIS / 腸骨稜 / PSIS / 恥骨稜 / 坐骨結節 / AIIS / 仙骨/正中仙骨稜 / 恥骨上枝 / 大/中/小臀筋 / 梨状筋 

第三回:上肢編

・肩甲棘 / 上下角 / 烏口突起 / 大小結節 / AC/SC関節 / ローテーターカフ / 上腕動脈 / 橈、尺骨茎状突起 / 手根骨(豆状骨、三角骨、有鈎骨、舟状骨、大菱形骨、月状骨、有頭骨) 

第四回:下肢編

・大転子 / 内転筋結節 / ITT / 大腿二頭筋 / 半腱様筋 / 薄筋 / 縫工筋 / 坐骨神経  / 第五中足骨粗面 / 舟状骨 / 立方骨

 

日時 

第一回:脊椎編 2018年4月14日(土)19:00~20:45
第二回:骨盤編 2018年6月9日(土)19:00~20:45
第三回:上肢編 2018年8月4日(土)19:00~20:45
第四回:下肢編 2018年10月13日(土)19:00~20:45

 

場所

多摩市民館第1会議室

川崎市多摩区登戸1775番地1

 

持ち物 

・ヨガマットをご持参ください。

(一回500円で貸し出しも行なっています。)

 

参加費

POSTプレミアム会員  無料  プレミアム会員登録はこちらから

無料会員         各回1,500円 無料会員登録はこちらから

非会員          各回3,000円

 

※今、プレミアム会員に登録すると登録初月は無料です。

※プレミアム会員になると、この他、会員限定記事や今回のイベント以外で、対談イベントにも無料でご参加いただけます。

※プレミアム会員登録は3分でできます。

 

お申し込み方法

こちらからお申し込みください

https://docs.google.com/forms/

 

  • Line
  • Hatena
頸椎の解剖学  ~椎間板編~
マイナビ
1
Shosekipc

企業おすすめ特集

編集部オススメ記事

Bnr 01