距骨の機能と構造|触診

  • Line
  • Hatena
7475 posts

Contents

1.距骨の機能と構造

2.臨床的意義

3.距骨触診

4.参考文献

距骨(英語名:talus bone)の機能と構造

距骨は下方で踵骨と、前方で舟状骨と結合しています。距骨の上面はやや円筒形で、足首の背屈と底屈を可能にします。距骨は前方が広く、後方が狭くなっています。距骨は内側と外側の踝(くるぶし)の間に収まる楔(くさび)のような形をしており、背屈が足首にとって最も安定した位置になります。

 

<足関節の特徴まとめ>

・距骨は円錐台のような形をしており、後部よりも前部に幅があります (不規則な鞍型の骨です)。

・表面積の約2/3は関節軟骨で覆われており、舟状骨と同様に血液供給に乏しい骨です。

・距骨には7つの関節面があり、頭、首、体と2つの突起、後突起と外側突起に分かれています(触診方法にて後述)。

・距骨体は、硝子軟骨で覆われ、前から後まで凸状である滑車ドームとも呼ばれる湾曲した滑らかな滑車表面を持っています。

内側および外側の表面は、それぞれ内果と外果と関節でつながっています。外側関節面は大きく、下方に突き出ています。側面の下部は、外側の関節面の下部を支える外側突起と呼ばれる骨の突起を形成します。

後面には、後方および内側に面する後方突起があり、長母趾屈筋腱の溝によって分離された外側結節と内側結節があります。

・距骨頭は、舟状骨と関節接合する部分です。その下側では、これは滑らかな尾根によって分離された 3 つの関節面と連続しています。

・距骨頸部の下面には、斜め前方を通過し、内側から外側に広がる深い溝、距骨溝があります。それは踵骨の踵骨溝とともに足根洞を形成します。

・足関節は、内側と外側の強い側副靭帯によって安定しています。内側の主な靭帯は三角靭帯で、外側では前・後距腓靭帯と踵腓靭帯の3つの靭帯で足関節を安定させています。

・前距腓靭帯(ATFL)後距腓靭帯(PTFL)は距骨と腓骨を繋ぎ、踵腓靭帯は腓骨と踵骨を下側で繋ぎます。ATFLは3つの外側の靭帯の中で最も弱く、そのため最も頻繁に損傷を受けます。

・三角靭帯は実際には4つの靭帯からなり、脛骨と舟状骨、踵骨、距骨を結ぶ三角形を形成している。前脛骨靱帯と後脛骨靱帯は、脛骨と距骨をつないでいます。三角形の最後の2つの靭帯は、前方で舟状骨に付着する脛骨舟状骨靭帯と、下方で踵骨に付着する脛骨踵骨靭帯です。

臨床的な意義

距骨無腐性壊死 (avascular necrosis:AVN)

距骨の骨折は、本質的に血液供給が弱く制限されているため、AVN を発症するリスクが高くなります。 

・距骨骨折は、足部骨折全体の1%を占め、最も一般的な (約50%) 距骨骨折は、距骨の最も弱い部分である距骨頸部で発生します。

・距骨骨折は、距骨骨折全体の20%を占めており、骨折が距骨骨の関節面まで広がると、変形性関節症の後遺症が発生する可能性があります。

 

距骨の剥離骨折

内反捻挫は、最も一般的な運動傷害であり、すべての運動傷害の15~20%、およびすべての足関節捻挫の85%を占めます。

・ATFL と PTFL が距骨に付着しているため、外側の足首の捻挫でこれらの靭帯が損傷を受けると、距骨の剥離骨折が発生する可能性があります。

・すべての足関節捻挫の1%は距骨の剥離骨折を引き起こすため、患者が内反捻挫の症状を呈している場合、特に患者が著しい腫れ、あざ、または体重負荷をかけることが困難な場合は、鑑別診断でそれらを考慮することが重要です。

 

足根管症候群

足根管症候群は足関節内側に発生し、足根管は脛骨、距骨、踵骨からなる骨床と、線維性屈筋支帯からなる線維性屋根を形成します。後脛骨神経、動脈、静脈、後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾筋腱が足根管の内側にあり、後脛骨神経が空間に閉じ込められる可能性があります。

・痛み、感覚異常、足関節内側の感覚の消失を特徴とする患者は、重症の場合、脱力感や筋萎縮を経験することもあります。

・骨棘や骨肉腫などの距骨の骨病変は、後脛骨神経が足根管で圧迫され、足根管症候群を引き起こす可能性があります。

 

扁平足

距骨は、距骨下関節を通じて、内側および外側の縦アーチを維持します。扁平足は、関節小節の距骨形態の変化、距骨下関節の生体力学の変化がある場合に発生し、扁平足につながる可能性があります。

 

三角骨症候群

三角骨症候群とは、「インピンジメント、くるみ割り現象」による足部後方の痛みと足底屈伸の低下のことです。三角骨が存在する場合、この副骨は周囲の軟部組織とともに脛骨、距骨、踵骨の間にくさびになる可能性があります。これは、関連する構造の炎症につながる可能性があります。

 

距骨触診

手順

1,内果を触診します。

2,内果より一横指下を触ると載距突起(踵骨)が触れるため、その間に距骨内側結節を触れます。

*載距突起の後方を触ると長母趾屈筋腱を触ることができ、さらに後内側に進めると距骨後突起を触れます。

3,続いて前方に行くと舟状骨(舟状骨の触診を先にしておくとわかりやすい)が触われます。舟状骨との関節面で距骨頭が触れます。

4,舟状骨とほぼ同じ幅(脛骨内側2/3ほど)で距骨頸が触れます。

5,その状態から足関節を底屈すると距骨滑車を触ることができます。

6,さらに外側へ移動すると足根洞(詳しくは立方骨の触診をご覧ください)があり、外果の内側に距骨(外側突起)が触れます(腓骨との関節面)。

 

[参考文献]

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30097077/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25325559/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5890124/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5786346/

  • Line
  • Hatena
距骨の機能と構造|触診
Orange and white funny dating animated presentation  1
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01