PTOTSTのニュースレター

大腿骨頚部骨折と早期死亡のリスクの関係

  • Line
  • Hatena
3111 posts

 

BMC Musculoskeletal Disorders (2011) 12:105. All rights resered to Biomed Central Ltd. (訳:Kenji IWATA)

骨粗鬆症を有する高齢者にとって転倒による最も深刻な帰結は大腿骨頚部骨折です。

 

また、大腿骨頸部骨折患者の87~96%は65歳以上である。 大腿骨頚部骨折は死亡率の増加と関連しているが、死亡率とその期間の関連は不明である。

 

ある研究の報告では、大腿骨頚部骨折直後は生存率が低下するが、その後一般集団の予測生存率と同程度に回復するとされている。

 

しかし、最近の疫学的エビデンスの系統的レビューでは、大腿骨頚部骨折後の患者は長年に渡って早期死亡のリスクが高くなると報告されている。

 


大腿骨頚部骨折による超過死亡(予想以上の死亡発生数)は、骨折後に合併する肺塞栓症,感染症,心不全と関連している可能性がある。

 

また、転倒と骨粗鬆症による骨折は、超過死亡の因子の可能性がある。

 

骨折による超過死亡は、大腿骨骨折患者の個人的特性に起因する可能性があり、骨折しなくとも低骨密度は非外傷性の死亡と関連している。


本研究の目的は、…

 

↓↓続きはこちら↓↓

アナࢺ࣑ー理学療法 

  • Line
  • Hatena
大腿骨頚部骨折と早期死亡のリスクの関係
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01