急性期病院における栄養・水分補給の早期実施を!|日慢協・武久会長

  • Line
  • Hatena
675 posts

 

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は、13日の定例記者会見で次のように報告した。

 

日慢協の会員病院の入院患者3万7730名(2010年1月-2016年12月入院)の「入院時における栄養状態」などを分析。それによると、▼腎機能低下(BUN20.1以上)患者が39.65%▼低ナトリウム(Na136未満)患者が29.64%▼低栄養(ALB3.8未満)患者が59.7%―

(引用元:急性期病院における栄養・水分補給の充実で、回復期・慢性期の入院期間短縮を—日慢協・武久会長

 

血液検査のALB値と、BUN 値から、介護施設と比べて、急性期病院からの転院患者に低栄養・脱水状態の割合が高いということが分かった。

 

PTOTST委員会・栄養委員会の調査で、回復期リハ病棟では38%の入院患者が低栄養だったという報告がある。

 

高齢者で筋力や活動が低下している状態(虚弱)、フレイルの方は非常に多い。

 

武久会長は、慢性期病院では治療の前に栄養・水分補給をしなければならず、急性期病院における「栄養・水分補給の早期実施」が必要であると強調した。

 

合わせて読みたい

* 急性期早期リハは診療報酬を2倍に|日本慢性期医療協会・武久会長

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

  • Line
  • Hatena
急性期病院における栄養・水分補給の早期実施を!|日慢協・武久会長
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01