ダイエット飲料飲む人、必見|脳卒中・認知症との関連性

  • Line
  • Hatena
83 posts

ダイエット飲料と脳卒中・認知症との関連性を示した研究がアメリカで発表された。

砂糖入り飲料のみでは脳卒中または認知症と関連していなかったが、人工的に甘くした飲料の消費は脳卒中と認知症のリスクが高く関連していたようだ。

 性別や喫煙習慣、遺伝などが発症に与える影響を差し引くと、人工甘味料入りのダイエット飲料を1日1回以上飲んでいた人は全く飲まない人より約3倍、それぞれ脳卒中や認知症になる確率が高かった。

朝日新聞:ダイエット飲料飲む人、脳卒中・認知症リスク3倍 米大

 

興味深いのは、「砂糖入り飲料を飲んでいる人では、目立った影響は見られなかった」という点だろう。

砂糖よりも、さらに人工甘味料がからだに悪影響を及ぼしていることを示している。

日本とアメリカでは基準が異なるのですべてを当てはめることは難しい。

しかし、昨今の健康ブームを見ると、医療・健康に関わる我々も、食生活についてを考えるきっかけにすべきなのかもしれない。

「今日の食事が明日の体を作る。」

まずは今回のような情報に目を向けることから始めてみたい。

 

 

合わせて読みたい

* 【脳機能が回復】今までの定説を覆す夢の新薬、2019年中にも実用化か

 

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.
<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

  • Line
  • Hatena
ダイエット飲料飲む人、必見|脳卒中・認知症との関連性
43180
43153

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01