理学療法士(PT)寺田智博先生

  • Line
  • Hatena
2036 posts

理学療法士を目指したきっかけ

理学療法士という職業を知ったきっかけは高校野球部時代の怪我です。この時は理学療法士になりたいな、くらいにしか思っていませんでした。時代の流れもあり両親が「大学には行くように」と言われ、見事に理学療法学科のある大学は不合格‥‥。希望とは別の経済学部に入学しました。大学3回生になると就職を考える機会が増えて「本当に何がやりたいのだろう?」と考えました。

その答えが「スポーツ選手を治療する理学療法士だ」となり、専門学校を受験しました。もちろん、両親からは大学を中退することや専門学校に入学することは大反対されましたよ。でもそんなわがままを許してくれた両親には本当に感謝しています。理学療法士になるために遠回りしましたが、本当にやりたい仕事を見つけられてよかったと思います。

3

現在の仕事

老人保健施設の入所者様、ディサービスの利用者に個別リハビリ、集団リハビリを実施しています。

また、副主任という役職上、他職種とのカンファレンス、会議、実習生がいれば学生指導、新人教育指導などを実施しています。

4

先生の一日の様子はこちらからご覧ください。

キャリアアップとは? そのために”今”行っていること

以前は役職につくことがキャリアアップと思っていました。でもそれは経験年数が経つにつれて上司がいなければついてくるもので「特別に何かやったの?」と自問自答したときに答えられませんでした。もちろん、役職を頂けることは信頼されているのだ、より頑張ろうという気になります。しかし、「棚から牡丹餅」ではいけないと感じたのです。任された仕事以上の結果など意識して実行していくことが成長につながっていくのだと思います。私の好きな言葉に「原因のない結果はないし、結果のない原因もない」という言葉があります。つまり、「勉強しなければ成績が落ちる」というように自分自身がどのような原因をつくり、それによってどのような結果を呼び寄せるのかを選択しているのだと思います。それは「自分が選択した結果」と考えるようになりました。

このように考えるようになってからの私にとってのキーワードは「出会い」です。人との出会いや勉強会との出会いで志の高い仲間や熱い気持ちを共有・共感してくれる人と出会いました。その場所は病院・施設などの1つの場所ではないので院外に出て行き、「成幸者」「仲間」から吸収・刺激を受け成長していきたいと思います。そして一歩一歩、ステップアップして「人間力の成長」することが今の私にとってのキャリアアップと思っています。

リハビリ職を目指す学生の皆さんへ

自分がセラピストとしてのやりがいを見つけてほしいですね。セラピストをなぜ目指すのか?どのようなセラピストになりたいのか?など5W1Hで考えておくことが理学療法士になる強み、セラピストになってからの存在意義となると思います。もちろん、セラピストになる前からそのようなことを目的に考えている人は少ないと思います。私の学生時代は授業や実習、国家試験などに合格することが全てでしたから。
でも、実習中の担当患者様の「ありがとう」という言葉は今でも忘れてないですね。だからこそ、目の前にいる患者様を何とかしたいと思い、悩んで解決策を探そうと出来るのだと思います。最後に、「セラピストになろう」と思ったときの気持ちを忘れないで欲しいと思います。やりたいことが見つかってない方も自身の進む方向性を見つけることで自然とそのやりたい方向に進んでいく意識や行動になり、それが結果につながっていくと思います。

寺田智博先生の経歴

職業:理学療法士 病院名:介護老人保健施設 まほろば 経験年数:11年目 出身校:阪奈中央リハビリテーション専門学校

  • Line
  • Hatena
理学療法士(PT)寺田智博先生
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01