理学療法士(PT)松下祐也先生 -エターナル株式会社 代表取締役- 第1回

  • Line
  • Hatena
2516 posts

 自分の考えを表現したい

POSTインタビュアー:

松下先生ががPTを目指したきっかけとこれまでの歩みについて教えて下さい。

松下先生:

人の身体に興味を持った最初のきっかけは、元々野球をやっていて、

そこそこ強い野球部に所属していた。

高校時代に個人的にパーソナルトレーナーをつけていて、

そのトレーナーはPNFなどをやっていてそこで興味をまず持ちましたね。

その後、肩壊してしまって、大学の特待生など野球選手としての道がなくなってしまい、

それでも野球に関わる仕事をしたかったので、AT学科に入学しました。

AT科の授業で「理学療法士」の名前を知り、もっと人の身体というものを深く診たいな

と思ったのでAT科を卒業後、夜間のPT学科に進学しました。

POSTインタビュアー:どんな学生生活を送ったんですか?

松下先生:

僕の学生生活は、学校の先生から見ればめんどくさいやつだったと思いますよ。

昼間にクリニックとかスポーツ関連の仕事をしていて、

社会経験とかもしていたから色んなことをある意味で知っていた。

理学療法士を目指そうと決めたAT科に所属していた時に、

どんな仕事をしているんだろうと理学療法士の先生に会いに行っていた。

ATの教員が紹介してくれて。

そこで名の知れた先生方にお会いして、そこで勉強しつつ学生生活を送っていたので、

思考は「理学療法士になれば、こういった先生方みたくなれるんだ。」というものだった。

ただ、、、それが授業になってみるとつまらない。

もっとスペシャルなことを教えてくれるのかと思ったら、現状は国家試験に受かるための学校だった。

インタビュアー:

なるほど。確かにそのギャップはあるかもしれませんね。

では次に、現在までの経緯を教えて頂けますか?

松下先生:

最初は普通のクリニックに入った。出来上がったばかりの。

それには理由があって、大きい病院に入ると、決まった手技をやらなければいけない雰囲気があるのが嫌だった。

自分の力で病院を盛り上げたいとか、僕の名前で患者さんを呼びたかった。それぐらい強い意志があった。

ただ、そのクリニックは1年で辞めました。同時に1年目のときにsessionを作っているんですね。

作った理由は、入った職場では自分の目標が叶えられそうになかった。

学生時代に名の知れた方を知っちゃっていたからというのもあるけど。

だからこの状況を打破しないとまずいと思って、

院内勉強会から始まりsessionを立ち上げた。

インタビュアー:なるほど。強い意志を感じます。

松下先生:

クリニックを辞めてからは、急性期病院に行った。

急性期の臨床をやっていたが所属は3年くらいかな?

ただ、病院のプロトコールで個別性を無視した方針に水が合わなくて、

もう自分の臨床を自由にやりたい・考えを表現したいという思いで、開業・起業した。

インタビュアー:開業した時は松下先生はおいくつだったんですか?

松下先生:

27か28歳ですかね。理学療法士2人と柔整師1人の3人で立ち上げました。

35a2b86ccf2b0fb71bcb015be7182d9d5f93b9b9std

「痛み」が出た時に頼られる場に

POSTインタビュアー:

松下先生の信念やここだけは譲れないものはなんですか?

松下先生:

自分がストレスなく臨床をやることかな。言いたいことも言えて。

病院だと医者の言うことを聞かないといけなかったり。

僕を上手く使ってくれるお医者さんに出会えなかった。

僕を上手く使ってくれる上司がいなかったから自分でやるしかないと思った。

ある意味社会不適合者ですよ(笑)

インタビュアー:確かに、でも大事なことですよね。

松下先生:

理学療法士が地域ともっと近い存在になったほうがいいと思うんですよね。

僕の経験だから他の方の意見はわからないけども、TKAやTHAを専門的に見ていた時に、

あれはもっと防げたものがあったと思う。でも色々聞いてみると

接骨院に行って電気流していたとか、クリニックで揉んでもらっていただけだったとか。

それで患者さんにアンケートとったことがあって、、、みんなが痛みや不調が出た時に、

まず最初に行くところってどこだと思います?※

POSTインタビュアー:病院ですか??

松下先生:

接骨院なんですよ(まあ、私がアンケート取っただけなんで…なんとも言えませんが(笑))

だから接骨院をやりたかったんです。

だから柔整師を雇って、ルールの中で理学療法士が柔整師を教育するとか、

僕が自費で見る。そこを防がないとTHA・TKAになってしまう。

最近はクリニックでも素晴らしい理学療法士が増えてきたから、

一概にそんなことないのかもしれないんですけどね。

インタビュアー:なるほど、それは知らなかったです。

740ba6ea73944fc8cc94294bbf538e30f0947446std

     松下祐也先生の経歴

職種:理学療法士

【所属】

・エターナル株式会社 代表取締役

・合同会社フィジカルアセスメント 業務執行役員

・SESSION 運営顧問

・株式会社ニューウエスト取締役

【研究実績】

第66回国立総合病院医学会 『Quadsetting角度の違いによる膝蓋上嚢の拡がりの検討』他多数

  • Line
  • Hatena
理学療法士(PT)松下祐也先生 -エターナル株式会社 代表取締役- 第1回
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01