『僕は1回、死んだ』半年間の四肢麻痺・寝たきりの経験がPTの臨床に何をもたらしたか?

  • Line
  • Hatena
907 posts

もっすー。The Physio Fit studio Gen.の武田です!

The Physio Fit studioでは、東京都世田谷区で毎日通える体操教室やパーソナルトレーニングを提供しています。

 

第5回目の記事になりました。

いつも読んでくださる皆さん、本当にありがとうございます^ ^ 少しずつですが、メールやコメントなどいただけるようになり本当に嬉しいです!

 

今日は、ちょっと重い話になります…

というのは冗談ですが、何処の馬の骨ともわからない僕のことをもう少し知っていただきたいと思って僕の体験談をまとめてみました。

 

僕は一回、死んだ

大げさなようですが、本当のことです。まあ、生きているので厳密には違うんですが…

 

「バセドウ病」という病気をご存知でしょうか?

びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。

僕は4年前にこの病気を発症し、周期性四肢麻痺となり半年間の寝たきり生活を余儀なくされました。臨床家として、現場に立つことができるようになるまでには約2年の月日が必要でしたが、この経験を通し得たものは非常に大きかったです。

 

それでは、その体験について語った動画をご覧ください!

 

 

臨床家としての覚悟

大きな病気をしたから、何かが変わったというわけではありませんが誰も体験することができないことを経験し、そこで芽生えたのは「臨床家としての覚悟」でした。

 

現場に立って、目の前の患者さんの声をよく聞き、身体をよく知り、そして最大限のサポートをする。そして、このことを多くの若いセラピストが現場で一緒に実践してくれることが、自分の願いでもあります。

 

「圧倒的臨床力」をスローガンに、セラピストが技術に誇りを持ち、研鑽しあえる仲間づくりをはじめました!動画をご覧いただき、連動パターンや施術の方法について少しでも興味を持っていただけた方はご連絡お待ちしております。

e-mail : gen.takeda.shinya@gmail.com

 

☆新卒PT限定☆ 


今年も残すところわずか。今年のあなたはどうでしたか?4月から慣れない職場で働き、初めての臨床でドキドキし、勉強で大忙しだったのではないでしょうか。 でも、そんなあなたも3ヶ月後には新人が入社し、先輩になります。



うまく後輩を指導できるだろうか… 
結果の出せる頼れる先輩になれるだろうか…



そんな悩みを抱えるあなたのための、新卒限定技術セミナー! 
平日夜を利用して、即効性があり、どんな疾患にも応用できる手技をここだけでお教えします☆

 

<<参加費1000円。ナイトセミナー告知>>

 

主に整形疾患を担当している新卒者向け

12月17日(月)19:00〜21:00

▶︎ https://kokucheese.com/event/index/547796/

 

主に脳血管疾患を担当している新卒向け

12月18日(火)19:00〜21:00

▶︎ https://kokucheese.com/event/index/547814/

 

主にクリニックで働いている新卒向け

【日程】12月20日(木)19:00〜21:00

▶︎ https://kokucheese.com/event/index/547815/

  • Line
  • Hatena
『僕は1回、死んだ』半年間の四肢麻痺・寝たきりの経験がPTの臨床に何をもたらしたか?
マイナビ
280841.line
43165

PR

Articles

Bnr 01