全国介護エンターテイメント化計画【作業療法士|石田竜生さん】

  • Line
  • Hatena
459 posts

面白い人と面白くない人の差はどこに?

 

ー 介護予防教室に関わるようになって、どうすれば高齢者に楽しんでもらえるかと悩んでいた時に石田さんのYoutubeチャンネルに出会いました。色々アドバイスいただければと思います。まず、石田さんは与えられた時間の中で(体操などの)ネタはどのように組み立てているのか教えていただけますか?

 

石田まずは掴みが大事かなと思います。芸人だと、始めに前振りからネタに入ってオチに持っていくという流れがありますが、売れてない人はすぐにネタをやろうとしてしまいます。

 

「こいつら誰や。」と距離が遠い状態では誰も笑ってくれません。上手い人は、掴みでガッツリ雰囲気を作ってしまいます。まずは「この子と体操したら面白そう」という雰囲気をはじめに作ること。自分がどんな人間なのか、バックグラウンドだったりキャラクターを知ってもらってから体操に入ると違うと思います。

 

ー 話が面白い人と面白くない人の差ってどこにあると思いますか?

 

石田自分を客観視することはとても大事です。例えば、真面目な人が盛り上げようとしても、無理している感が出てしまいますし、”頑張っている感”は必ず相手に伝わります。

 

そういう人は真面目な話の中でクスっと気の利いたこと言うとか、その人の空気感や特徴を活かした方がいいと思うんですよ。サッカーが好きな人が「この前フットサルに行ったときに試してみたらすごくいい体操があって。

 

本田圭祐さんが編み出した体操なんですよ」って話すと、ただ体操やるよりは面白そうじゃないですか。しかも、緊張しいの人でも、自分の得意なことだったら流暢に話しやすいですよね。

 

ー 自分のキャラクターを活かした方がいいということですよね?

 

石田そこで無理しちゃうんですよね。お笑い芸人の真似しちゃったりだとか。エピソードトークというのは、経験から語らないと。テレビで誰かが話していたネタをコピーしても、笑いは起きません。

 

それよりも、「この前、患者さんとこんなこと話していたら、こんな失敗してしまって。」という自分の経験が乗った話の方が共感が湧くし笑ってもらいやすい。みんな無理しちゃているんですよね。

 

ー 石田さんは、もともと大勢の前に立つ時に緊張とかしなかったんですか?

 

石田いやずっと緊張していましたよ。(笑) R-1とか出るとめちゃくちゃ緊張するし。でも今はもう全く緊張しなくなったし、それは経験じゃないですかね。場数を踏むことで、不測の事態とか、ウケてない時とかもうまくアドリブできるようになりました。

 

ー 石田さんは、自身で立ち上げた介護エンターテイメント協会では、Youtuberとしての発信やボランティア、セミナーなどされていますが、いつ頃から始めたんでしょうか?

 

石田3,4年前ぐらい前ですかね。始めはFacebookページで発信していて、広まっていった感じです。「エンターテイナー」と言うと、芸人のイメージがあるかもしれませんが、そうではなく、得意なことがいかされることで、笑顔になったり、感動や生きがいが生まれればいいなと思って活動しています。

 

「笑いがなければ、介護じゃない!生きがいがなければ介護じゃない」と謳っていて、これまで敬老会やクリスマス会などの各種行事にボランティアとして行脚してきました。

 

発信を続けていくうちに、だんだんと専門職からもセミナーをやってほしいと声をかけられることも増えてきた感じです。進行の仕方やコミュニケーションの工夫、レクリエーションの作り方など、ただネタや体操を教えるのではなく、自分たちで考えられるようになるための根本の理論を伝えています。

 

 

ー 「笑い」ってリハビリテーションにも必要な要素だと感じています。

 

石田どうしても僕が芸人出身なので冗談の方法やネタを教えてくれるセミナーだと勘違いされがちなんだけど、なにも、冗談で笑わせることだけが笑いじゃない。1対1のコミニケーションで、相手がニコっとしてくれることも笑いだと思うし、リハビリを続けた先に歩けるように喜んでくれたら、それも笑いです。

 

療法士の仕事は、自分たちも想定していないぐらいたくさんの人を笑顔にすることのできるとても価値の高い職業だと思っています。例えばトランスファー1つを教えることだって、家族の方にとってはすごい価値があること。

 

だからこそ、自分達の知識や技術をもっと発信していった方がいいと思っています。地域を見渡せば悩んでいる人がたくさんいる。公民館で何かイベントを企画したり、今日学んだことをブログやTwitter、Youtubeで発信してみたりだとかネットなら世界に広げていくことも可能です。

 

石田さんが運営する笑いの種を育てるブログ「FUN SEED」

 

Youtubeというブルーオーシャン

 

ー Youtubeで、定期的に体操を更新している療法士って、石田さんくらいですよね。

 

石田せっかく自分たちの知識を求めている人も多いのにもったいないですよね。副業という意味では収入源にもなりますし、それに自己ブランディングにも繋がります。前に講演会に来てくれた90代の方が、「前からYouTubeを見ていつも家で体操してるんですよ」と言ってくれたのはすごく印象に残っていますね。

 

僕がなぜYouTubeで発信しているかというと、足が不自由で、どこか運動しにいくことすらできない人を救いたいというのがあります。そういう人たちに届けるためにはどうすればいいのか考えた結果がブログやYoutubeだったんですよ。これこそ僕の仕事なんだなと感じています。他にもご家族の方から「こんな笑っているところ久しぶりに見たわ」だとかメッセージをもらうと発信してきてよかったなと思いますね。

 

ー  SNSの発信の仕方で気をつけているポイントとかってありますか?

 

石田対象を決めることです。僕のYoutubeの対象は介護職をやっている人たちと、65歳以上で家でどう体操したらいいか分からなくて悩んでいる人。軸さえしっかりしていれば、ブランド軸がズレることない。そこはすごい意識しています。

 

ー 最後に石田さんにとってプロフェッショナルとはなんですか?

 

石田自分の強みをカタチに変えられる人かな。すごく中途半端な芸人時代を送っていましたが、結果的には今それがいきていて僕の根本を作ってくれている。ただの作業療法士として働いていたら、こんな働き方出来ていなかったわけだから。

 

実はモヤモヤして葛藤していた部分って自分の役に立っている。昔こんな挫折があったとか、学生時代の部活や変わった趣味など、強みを自分たちの中で膨らましていくと価値が出てくるんじゃないかなと思います。

 

【目次】

第一回:高齢者向けのエンターテイナーという生き方

第二回:全国介護エンターテイメント化計画

 

  • Line
  • Hatena
全国介護エンターテイメント化計画【作業療法士|石田竜生さん】
line@
43165
280841.line

PR

Articles

Bnr 01