【モデル症例】プログラム立案への思考プロセス~慢性疼痛患者の運動療法の選択~

  • Line
  • Hatena
564 posts

本日は前回の続き、プログラム立案にかかわる思考プロセスです。痛みを増悪させない、並行する治療を生かす運動療法を常に考えます。

 Buenos noces!terapeuta!(スペイン語でこんばんは療法士のみなさん)、週の真ん中水曜日の江原です。本日は前回のモデル症例を通じて、プログラム立案や運動療法を処方していくときの具体的な手法を説明していきます。   モデル症例の経過から診断まで 症例は50歳代女性で...

この記事はプレミアム会員限定の記事です。

無料会員登録すると、月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録すると、
月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録する
  • Line
  • Hatena
【モデル症例】プログラム立案への思考プロセス~慢性疼痛患者の運動療法の選択~
43165
43180

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01