膝関節の疼痛-筋腱付着部③膝蓋腱-

  • Line
  • Hatena
593 posts

皆さん、こんにちは。火曜日担当の藤本裕汰です。本日もよろしくお願い致します。最近は膝関節の疼痛について解説しています。先週から疼痛を生じる7つの組織1)の中で組織として筋腱付着部について解説しています。本日は筋腱付着部の中でも膝蓋腱を中心に解説していきたいと思います。

筋腱付着部

前々回の復習になりますが、筋腱付着部に関しても臨床上問題になることは非常に多いです。筋腱付着部の問題ではオーバーユースが関与していることが多く、繰り返しの負荷により摩擦が生じ、炎症に繋がることがあります。そのため、摩擦を防止する役割である滑液包に炎症が生じることがあります。

 

膝関節には膝蓋上嚢、膝蓋前滑液包、浅膝蓋下滑液包、深膝蓋下滑液包、半膜様筋滑液包、腓腹筋外側頭腱下滑液包、外側側副靱帯下滑液包、大腿二頭筋腱下滑液包、鵞足滑液包、腸脛靭帯下滑液包などが存在します2)

 

膝関節における筋腱付着部障害に関しては腸脛靭帯、鵞足部、膝蓋靱帯、大腿四頭筋の膝蓋骨付着部に生じやすいと言われています3)前々回前回と腸脛靭帯・鵞足について解説しました。本日は大腿四頭筋腱について解説していきます。

 

膝蓋腱

膝蓋腱は大腿四頭筋の停止腱であり、膝蓋骨の下端から脛骨粗面に伸びています。強い扁平な靭帯で長さ約8cm、幅は膝蓋骨下端の付着部は3cmで膝関節包の前面下部を補強しています3)。膝蓋骨に付着する上端は幅広く、脛骨粗面に付着する下端に向けて細くなります。大きな役割としては膝関節伸展機構の補助的な張力伝達装置であると考えられています。

臨床上の問題点

臨床上の問題点としては膝蓋腱炎になります。膝蓋腱炎では疼痛が生じるため、大きな問題となります。スポーツなどの跳躍動作を繰り返す人に好発し、ジャンパー膝とも呼ばれています。

 

ジャンパー膝はバレーボールやバスケットボールの選手に後発し、膝関節伸展機構のオーバーユースが原因であると報告されています4)。ジャンパー膝は症状によりStageが1~4に分類され、ステージ毎に対応なども報告されています。詳しくは説明しませんが、以下の表を参考にして頂ければ幸いです。

  • Line
  • Hatena
膝関節の疼痛-筋腱付着部③膝蓋腱-
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01