物価高騰下で理学療法士としてのワークライフバランス―知らないと損?お金の話―

2420 posts

こんにちは、今回は、訪問看護ステーションに就職して研修をしている理学療法士5年目の私から皆様にお伝えしたい事がありますので、是非ご覧ください。

物価が高騰している2つの要因

昨今、身の回りで起こる物価高騰が大きな問題となっています。光熱費、食品、日用品など様々なものが値上がりを繰り返しており、生活は厳しくなっていくばかりです。なぜこのような事が起こっているかを2つの要因に分けて考えました。

〇1つ目の原因は、エネルギーや原材料などの価格が高騰している事です。

製品を製作するにしても運ぶにしても、エネルギーは欠かせない存在です。そして現在、そのエネルギー価格の高騰も著しく、資源エネルギー庁の資料によると、多くの産業においてエネルギー価格の上昇が製品価格に転嫁されているとのことです。

〇2つ目の原因は、円安です。

多くの食品・製品を輸入に頼っている日本では、円安が物価に大きく影響します。輸入コストが高くなるのに値段がそのままでは厳しいため、それが物価に反映されています。日本の円安は加速度的に進み、2022年10月には一時150円に到達しました。年初は115円前後だったので、急速に円安が進行したことが分かります。2022年は値上げラッシュが続き、消費者にとって厳しい年だったといえます。月別の値上げ品目数を表したのが、以下のグラフです。

出典:帝国データバンク「「食品主要105社」価格改定動向調査(12月)」

特に多くの値上げが行われたのは10月となり、6,699品目の価格が上昇しました。年間を通しては、累計約2万品目もの食品が値上がりしています。そして今後も原材料価格や円安の状況によっては、物価高騰が続く可能性は十分考えられます。

理学療法士のワークライフバランス                         

このように過去類を見ないほどの物価高騰が起こっている中、家庭を持つ方は結婚・妊娠・出産・育児といったライフイベントに加えて、教育費や生活費など、お金の心配は尽きません。そのうえ、厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、令和2年での理学療法士(作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士を含む)の平均年収は、33.5歳で約427.9万円とのことです。全国の平均年収が同じ年代の30~34歳だと470万円となるため、全国平均に比べるとやや低めです。

 

とはいえ、残業や副業で働く時間を増やす方法だけではワークライフバランスが破綻してしまいます。仕事は生活を支えるために必要なものであり、やりがいを感じさせてくれるものでもありますが、家族や趣味などプライベートの時間も充実した人生を送るうえで欠かすことができないものです。ワークライフバランスとは、仕事もプライベートもどちらも充実させる働き方・生き方のことを意味します。

 

また、理学療法士という職業において知識を向上させる為の研鑽を怠るわけにはいきません。勉強にも様々な方法がありますが、やはりお金や時間を要してしまいます。1日24時間という限られた時間を効率よく使うために何が必要であるかを考える事も、ワークライフバランスを保つために必要な要素となります。

Luxem訪問看護ステーション川崎とは                       

私はこのような状況だからこそ、家庭を支えるための十分な収入を得ながら理学療法士としての研鑽ができて、ワークライフバランスが実現できる職場環境を求めていました。川崎市にあるLuxem訪問看護ステーションでは給与アップを目指しつつ、理学療法士としての知識を深めていける環境があります。

 

1年目の年収は最低でも378万~408万円が保証されており、7ヵ月以降には賞与もあります。更に、バイクでの訪問を選択すると36万円が追加され、認定理学療法士等の協会認定資格を持っていると、12万円が追加されます。また、他にも資格手当対象の資格が多くあり、例えば三学会呼吸療法認定士の資格は6万円となります。これらだけで、年間56万円も追加されるので、入社1年目から年収460万円以上が可能となります。2年目以降からはインセンティブも上乗せされて、さらに資格手当も付きます。

 

例えば認定看護師、認定療法士の資格があれば月1万円、三学会呼吸療法認定士の資格があれば月5千円の手当がつきます。このように、自身の努力が分かりやすく給与に反映しつつ、理学療法士としてのステップアップも見込めます。また、経験豊富な認定療法士が数多く在籍しており、教育研修も充実している為、今回初めて訪問リハビリという分野に挑戦する私でも安心して仕事に励んでいます。

 

有休や育休の取得率も他の事業所と比べて非常に高く、スタッフを大切に考えている職場であることが分かります。その為私は、仕事もプライベートも充実した生活を送っていると感じています。在宅の分野に興味のある方や川崎市にお住いの方、理学療法士としてのステップアップを考えている方は是非とも一度HPをご確認ください。

▼気になる記事はこちら▼

認定理学・作業療法士が給与に反映

*こちらから応募→入職されると祝い金(正社員10万円、パート3万円)がもらえます。

▶︎https://recruit.luxem.co.jp/

Luxem訪問看護ステーションでは、

・制度変更や業界の情報にいち早く対応した体制

・入社時に研修を2.3週間行うため、制度の学習や訪問の基本を学べる

・協会等の代議員や理事を務める職員なども在籍

・人員も多く、サービスが厚い

(男性職員が育休をとりやすい。別記事参照:育休が最高にとりやすい職場ー全国平均〇〇倍の育休取得率ー)訪問看護をするなら是非見学だけでもお越しください。

物価高騰下で理学療法士としてのワークライフバランス―知らないと損?お金の話―

Popular articles

PR

Articles