理学療法士(PT)近藤史章先生

  • Line
  • Hatena
2382 posts

理学療法士を目指したきっかけ

母親が看護師で病院に勤務していたこともあり、理学療法士を強く勧められ興味を持ちました。 もともと医療に興味があり、家近くにある医療法人社団三思会東邦病院のリハビリテーション室へ見学に行きました。 そこで働いている理学療法士の先生がリハビリを実施している姿がとてもかっこ良く見え、自分も理学療法士になりたいと思いました。また、その先生が読売ジャイアンツの春のキャンプに帯同するというお話し聞きました。 その話しを聞き、理学療法士の職域の広さや将来性を感じました。いつか、私も有名人のリハビリをできる理学療法士になりたいと思い、専門学校に入学することを決意しました。

現在の仕事

頚椎症・肩関節周囲炎・腰椎椎間板症・変形性膝関節症などなどの整形外科疾患の患者様のリハビリを行っています。 高齢者のリハビリはもちろんですが、骨折やスポーツ疾患や交通事故などの小学生~中高年の方や有名高校のスポーツ選手のリハビリをしています。 一日に16~20人の患者様のリハビリを行っています。

キャリアアップとは? そのために”今”行っていること

「キャリアアップする」とは、より高い資格・能力を身につけること。経歴を高めることだと思います。 私がキャリアアップできた理由として、毎週末に群馬県から東京へ勉強しに行きました。そこで、勉強だけでなく人との繋がりができ色々な情報交換ができました。 また、得た知識・技術を友人達と作った勉強会で発表していました。それをSNSで公開していたためか、中学校の恩師の先生から、中学校でのスポーツにおける怪我の予防教室の依頼を頂けました。 来年は専門学校で何回か講師をさせて頂く依頼を受けました。 また、4つの会社(職場)から仕事にこないかというお話しを頂きました。 この経験を通して、少しキャリアアップできたと思います。 今後キャリアアップのためにしたいことは、これからもリハビリテーションの技術・知識を勉強すること。また、リハビリテーション以外のことITや政治などを勉強して行きたいと思っています。

リハビリ職を目指す学生の皆さんへ

理学療法士は本当に素晴らしい仕事です。理学療法士と言っても、様々理学療法士がいます。 自分がどのような理学療法士になりたいのか、目標を持つことが大切だと思います。 目標とする人物を探すためには、様々な理学療法士の話しを聞くことや仕事をしている様子を実際にみることだと思います。 ブログなどのSNSだけでは本来の姿はわかりません。 また、身近に目標とする人物がいるとは限りません。日本全国は本当に広いです。全国で活躍する理学療法士をみることをお勧めします。 就職に関しては、どのような病院か情報を知っておくことが大切です。そのために、専門学校に先生や先輩方から情報を得ると良いと思います。 しかし、私が何よりも重要視しているのは、その職場で自分が何をしたい&何をするのかの方が大切だと思います。 「理学療法士になって就職できた!」 これがゴールではありません。スタートです! 理学療法士は患者様の今後の人生を左右する仕事だと思います。しっかりと責任をもって知識・技術を提供できるように努めるべきです。 国家試験に関しては、本気を出して勉強すれば合格できます。 私が行ったことは、問題集:赤・黄・緑の内容を全て覚えること! 模試などで間違えた問題は2度と間違えないように復習することです。 私は、1月から本気で勉強しました。1日平均12時間はやりました。1人で勉強すると眠くなってしまうので、友人と図書館などで勉強しました。 就職後の生活としては、若いうちにできることを学んだ方が良いと思います。 「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ですから、恥ずかしがらず勉強した方が良いと思います。 「百聞は一見に如かず」何ごとも実際に経験して、自分の経験を増やして下さい。人より良い人生を歩みたいと思うならプライドを捨てて、人の2倍努力することだと思います。 現役の理学療法士・作業療法士の方へ! 現在の日本は少子高齢化社会です。晩婚化により高齢出産のリスクは向上します。若いうちに出産した方が安全です。 私達は医療保険で患者様と国からお金を頂いています。つまり、公務員に近い存在であると私は考えています。 そんな私達が出来ることは、理学療法士・作業療法士などが早く結婚・出産してこの、少子高齢化社会を少しでも改善できるようにするべきだと思います。 医療関係者同士が結婚することにより、お互いの悩みなどが理解しやすいと思います。 結婚後・出産後方でも働きやすい職場の環境や福利厚生がしっかりしていることが重要だと思います。 少しでも国の未来を考え、今やるべきことをしていくことが大切と思います。 今後のリハビリテーション業界の発展を願っています。

近藤史章先生の経歴

資格:理学療法士

経験年数:5年目

出身校:未来学園 前橋医療福祉専門学校 卒

経歴:現在、群馬県前橋市の整形外科クリニック リハビリテーション科に勤務。

  • Line
  • Hatena
理学療法士(PT)近藤史章先生
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01