PTOTSTのニュースレター

理学療法士(PT)板谷敬晴先生

  • Line
  • Hatena
1305 posts

理学療法士を目指したきっかけ

大学時代に就職難でなかなか就職できず、「本当に自分のやりたい事」を考えたなかで、スポーツに関わる仕事をしようと考えて、理学療法士になろうと思いました。

現在の仕事

生活期(外来:整形・中枢ともあり)と回復期の掛け持ちで勤務をしています。回復期では、後輩の患者様を見させてもらい、アドバイスや技術指導などを行っています。

キャリアアップとは? そのために”今”行っていること

自分が思うキャリアアップは一年ずつ治療が更新できている事だと思います。一年前にできなかった治療ができている、一年前とは違った視点で患者様を治療できる事だと思います。

そのために、研修会への参加・病院での定期的な勉強会の運営・症例検討会など自分の技術・知識の向上と同僚への情報共有を図っています。

リハビリ職を目指す学生の皆さんへ

リハビリだけではなく医療に携わる仕事は、知識・技術だけでなく、人間性が問われる仕事だと思います。特にリハビリは患者様の病気になった身体と心を治療しなければいけないと思っています。
自分が出会った良いセラピストはみんな人間性が豊かな人達ばかりでした。そして、その方達はみんな家族や仲間を大切にできる人達でした。
リハビリを目指す皆さんが家族や周りの方々を大切にしていれば自然と良いセラピストになれると思います。

板谷敬晴先生の経歴

職種:理学療法士

所属:(社)ASRIN

  • Line
  • Hatena
理学療法士(PT)板谷敬晴先生
%e5%b0%8f%e5%85%90%e3%83%aa%e3%83%8f
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01