脳波を読み、麻痺手の神経回路回復を図るリハビリ機器を開発

  • Line
  • Hatena
1517 posts

脳卒中まひ新治療…神経回路修復するリハビリ機器、3年後発売へ


厚生労働省発表の「平成26年 患者調査の概況」によると、脳血管疾患の患者数は減少傾向にあるものの、約120万人にものぼる。介護が必要になった主な原因としても、「脳血管疾患」が最も多い。

 

リハビリテーションの対象としても、脳血管疾患は多く経験し、多くの悩みを療法士に与えてくれる。そんな中、新たな光が差し込もうとしている。

 

 

脳卒中患者の意思を脳波の変化から読み取って、まひした手の指を機械で動かし、神経回路の回復を図るリハビリ機器の製品化に向け、慶応大学とパナソニックが医師主導の臨床試験(治験)を3月にも始める。3年後の発売を目指す。

 

チームは、手の指を伸ばそうと考えた時の脳波の変化を解析。

 

頭に着けたセンサーがこの変化を検出すると、機械が指を伸ばし、同時に腕に電気刺激を加える機器を開発した。脳波と連動した動作や電気刺激を繰り返すことで、神経回路の修復が促される。  

詳細を読む(引用元):YOMIURI ONLINE

 

脳卒中患者の上肢機能の予後や回復度合いについては、療法士も日々悩まされていることだろう。これまでの研究で、手の指が全く動かせなかった患者42人に導入し、29人が指を動かせるようになったというデータはとても興味深い。

 

これまで脳卒中患者のリハビリテーションについては、たくさんの治療方法が考案されてきた。もちろん、これまでも効果的なものがなかったわけではないが、今回の研究は脳卒中患者の選択肢を増やすことになるだろう。

 

これからますます最先端医療やロボット支援が拡大していく。今回の研究はリハビリテーション業界へどのような影響を与えるだろうか。

 

脳卒中患者の笑顔が1つでも増えることを望む。

 

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

  • Line
  • Hatena
脳波を読み、麻痺手の神経回路回復を図るリハビリ機器を開発
Orange and white funny dating animated presentation  1
Ptotst

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01