PTOTSTのニュースレター

立方骨の機能と構造|触診

  • Line
  • Hatena
13482 posts

Contents

1.立方骨の機能と構造

2.臨床的意義

3.立方骨触診

4.参考文献

立方骨の機能と構造

立方骨は立方体のような形状の、踵骨と第4および第5中足骨の間に配置される足の外側柱(外側縦アーチ)を形成する骨です。立方骨には5つの関節面があり、足の固有の動きに貢献しています。

 

これらの関節面には、後方に踵骨、前方に第4および第5中足骨、そして内側に舟状骨と外側楔状骨があります。立方骨は、踵骨-立方骨、立方骨-舟状骨、立方骨-中足骨、長足底靭帯など、多くの靭帯によって外側中央部で安定しています。

 

立方骨は、後脛骨筋腱の骨性付着部として機能します。腓骨溝は立方骨の外側にある溝で、第1中足骨と内側楔状骨の外側基部に挿入する前に長腓骨筋腱が通過します。この配置により、長腓骨筋の収縮時に立方骨が滑車の役割を果たします。

 

立方骨は、足の静的かつ剛性の高い外側柱の支持要素としての役割を果たすことで、足に固有の安定性をもたらします。体重負荷には直接関与していませんが、起立時や歩行時には応力を受けるため、足の外側の柱の可動性を高めるためには欠かせない骨です。

 

臨床的意義

立方骨症候群

踵立方関節の破壊や亜脱臼を伴う疾患で、オーバーユーズや過度の回内、足首の捻挫などによって起こります。踵立方関節が破壊されると立方骨の位置が異常になり、周囲の靭帯、関節包、長腓骨筋腱を刺激することになります。

 

立方骨症候群の症状は、靭帯捻挫に見られる症状と似ています。症状としては、足の外側の痛み、腫れ、斑状出血、紅斑などがあります。また、患者は足および/または足首の能動的および受動的可動域が制限されることがあります。

 

立方骨症候群の診断は、骨折などの他の病理を除外する必要があります。治療は保存的で、立方骨パッドなどがあります。

 

 

立方骨骨折は、その解剖学的構造および中足部の保護された位置のため稀です。受傷起点は、足の強制的な底屈および回外で発生することがあり、通常は他の足の骨折および脱臼との組み合わせで見られます。

 

また、重い物体が足の甲に落下するなどの直接的な衝撃によるものと、靭帯付着部のいずれかに関わる剥離損傷によるものがあります。立方骨圧迫骨折は、「ナットクラッカー骨折(クルミ割り骨折)」としても知られており、前足の高度な回外により、踵骨の前面と第4および第5中足骨の基部との間で立方骨が圧迫されると発生します。

 

患者は立方骨の領域にはっきりしない痛みを訴え、しばしば腫れと斑状の症状を呈します。

 

立方骨骨折の診断は、まず単純X線写真を撮ることから始まります。骨折の詳細が必要な場合は、CTスキャンやMRIが選択肢となります。立方骨骨折は、Orthopedic Trauma Association(整形外科外傷協会)によると、部位と複雑さによって3つの主なグループに分類されます。治療法は骨折の種類と範囲によって異なります。

膝関節との関連

膝の問題を抱える方の姿勢をどのようにみていますか?膝の症状を抱えている方をみる時に欠かせないのが、床と接地している足関節との影響です。


足関節は膝の隣接関節であり運動の連鎖をすることもそうですが、足関節は床面とのコントロールの微調整をするため足関節が硬かったり、変位しているとうまく荷重をコントロールできず上位の膝関節に負担をかけてしまいます。
 


足関節をみるポイントは色々ありますが、今回は「立方骨」に絞ってお伝えします。

 

「立方骨」は足の外側縦アーチの頂点にあるため、全身を支える上で非常に重要な機能を果たします。外側荷重が習慣化している側の立方骨にも荷重がかかり、外側縦アーチが沈みます。

 

「立方骨」が下方に変位してしまうと、その上にある腓骨も連鎖して、倒れやすくなり連鎖して脛骨の外旋・外捻に繋がりやすくなります。また、立方骨には、短母趾屈筋・母趾内転筋斜頭が付着するため、母趾の機能低下に繋がります。母趾の機能低下が生じると、立脚後期の蹴り出しの不安定性にも繋がってきます。

 

立方骨の触診

手順

1,外果を触診します。

2,斜め下前方にスライドすると足根洞(踵骨と距骨の間の溝)という凹みを触診できます。

3,足根洞を触診した状態で、第5中足骨粗面をもう一方の手で触診します。

4,この状態で、第5中足骨を上下に動かしてみましょう。

5,リスフラン関節(立方骨-第5中足骨)の動きを触知できます。

[参考文献]

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24357955/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31194407/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23016051/

 

Luxem訪問看護リハビリステーションでは、Ns/PT/OT/STを募集しています

川崎市多摩区/麻生区で2か所の訪問看護ステーションを運営しており、法人ではデイサービスを3店舗、居宅支援事業所も運営しています。

★ 現在、Luxemでは業務拡大につき、PTOTSTを募集中です。転職を考えているセラピストは、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。

  • Line
  • Hatena
立方骨の機能と構造|触診
%e5%b0%8f%e5%85%90%e3%83%aa%e3%83%8f
Ptotst

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01