「座る」を革命するリアライン・チェア誕生に向けて

  • Line
  • Hatena
669 posts

私どもは、特別な運動や治療を受けなくても、日常生活で知らず知らずのうちに「歪み防止」ができるようなノウハウや器具の開発を進めています。これまで、リアライン・インソール、リアライン・ソックスなどを開発し、販売しております(http://ur0.link/DX5V)。
今回は、座っているだけで骨盤を整える効果が期待できる「持ち運びに便利な座椅子」、リアライン・チェアを開発しました。座ることに苦痛を感じる方、椅子に座って活動するすべての方にお役立ていただけるものと思います。

 

広島国際大学リハビリテーション学科 教授
蒲田和芳

■ リアライン・チェアによる椅子革命

長時間の勉強やデスクワークなど現代人の生活は、長時間の椅子座位が求められます。座ることは運動不足や下肢の血行不良などを招くことから、健康の維持に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。最近では、立位でのデスクワークや勉強が推奨されるなど、座位を避ける傾向が強くなってきました。

 

これに対して、座っているだけで骨盤が整い、股関節周りの筋が緊張することを防ぎ、そして脚の血流の減少を防ぐような「座椅子」を開発しました。この座椅子は折りたたみ式で、持ち運びに便利であり、家や学校、職場、あるいは電車などにも持ち込んで使用することができます。

 

■ 主な対象者

1)オフィスワーカー

2)受験生

3)車や新幹線の移動で腰に負担を感じる人

4)長時間の移動でコンディションを乱しやすいアスリート

5)座っているときに増強する腰や仙腸関節の不安のある方

6)妊婦の方、産後の方(授乳がつらい方を含む)

などが挙げられます。

 

■ 期待される効果

骨盤が安定すると、以下のような不快感に対して影響が生じる可能性があります。

・腰部の疲れ

・坐骨間の距離が広がり、骨盤の上部が接近する

・骨盤底筋の筋活動のフィードバック

・股関節の可動域・柔軟性

・脚のムズムズした不快感

・脚のむくみ

・脚の血流

 

 長時間座っていても疲れにくく、脚の組み換えの回数も減り、足元が暖かく保たれます。オフィスワークでの長時間の座位がもたらす不調に悩んでいるOLさんなどにも強くお勧めしています。高齢者施設(デイサービスなど)における座位でのエクササイズや食事後にスムーズに立ち上がり、歩行できるようになるため、立ち上がり直後のふらつきや転倒リスクを低減します。医療機関の待合の椅子にお使いいただくこともお勧めしたい使い方となります。

 

■ クラウドファンディングでのご支援のお願い

クラウドファンディングサイトReadyforで、新しいリアライン・デバイス誕生に向けてプロジェクトにご賛同頂ける方を募集しております。プロジェクト名は「デスクワークの腰痛を解消するための持ち運びに便利な座椅子」です。

http://ur2.link/vLzd

  • 6月4日(火)午後11:00まで支援を募集しております。

 

クラウドファンディングを利用した理由は、この座椅子の開発の最終段階で、高額の金型を製作する必要性に迫られており、どうしてもクラウドファンディングで皆様のご支援をお願いせざるを得ない状況になったためです。このプロジェクトにご賛同頂けた方には、座椅子の1週間お試し、先行販売などのリターンをご準備しております。多くの方が3個セットをお選びいただいておりますが、その理由として職場、自宅、車など複数の場所で使いたい場合、あるいは職場の同僚や家族へのプレゼントとしてもご購入頂いたようです。

 

■ 研究へのご協力のお願い

今後、医療機関、高齢者施設や企業などと連携し、効果を調べる研究を進めていく予定です。腰痛や仙腸関節痛の治療の一部にご活用いただける整形外科や、あるいは高齢者における座位姿勢・立ち上がり直後の歩行機能などへの効果を調べる研究にご参加いただける施設を募集しています。

 

■ 先行予約の受付開始

(社)日本健康予防医学会関節疾病予防専門部会のサイトでは先行予約(20%引き)を開始いたしました。クラウドファンディングよりも割引率は小さいのですが、カラーをお選びいただけます。こちらもご参照ください。

https://realine.info/realine/chair 

 

■ 筆者・セミナーご紹介

筆者:蒲田和芳

・広島国際大学総合リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 教授

・株式会社GLAB(ジーラボ) 代表取締役

・一般社団法人日本健康予防医学会 副理事長

・株式会社リベラシオン 代表取締役

 

セミナーご紹介:蒲田和芳が講師を務める~全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ~CSPT2019 クリニカルスポーツ理学療法セミナーの受講者お申込み受付中です。

https://realine.info/seminar/cspt 

 

長期間の「拘縮」や「可動域制限」に対しても、確実に可動性を回復させるための徒手療法技術ISR(組織間リリース®)セミナー2019も受講者お申込み受付中です。

https://realine.info/seminar/isr 

 

 

■ 関節疾病の治療と進行予防のスペシャリストになるためのサイト

 

▼ ReaLine.infoのサイトはこちら

https://realine.info/

 

関節疾病の治療を進めるには、一時的な症状改善ではなく、メカニズムを含めた根本からの治療が必要です。メカニズムを解決することにより、効果を長続きさせ、再発しにくい状態に回復させることが可能となります。関節疾患の原因へ根本から働きかけるリアライン・コンセプトは、足関節から膝、股関節、胸郭、肩、肘など全身の関節に適用できます。


ReaLine.infoでは関節運動指導士の技術を取得するための各種セミナーとともに、アライメント修正に有効なリアライン商品をご紹介しております。リアライン・ブログでは、蒲田の治療経験などを惜しみなく紹介しています。是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

  • Line
  • Hatena
「座る」を革命するリアライン・チェア誕生に向けて