【介護のビッグデータ】2021年度からエビデンスを本格収集へ

  • Line
  • Hatena
148 posts

 

今月4日「科学的裏付けに基づく介護に係る検討会」にて、新たな介護サービスのデータベース「CHASE」に関して、30の「基本的な項目」と47の「目的に応じた項目」の方針が取りまとめられた。

 

◆ 総論

被保険者番号

・事業所番号

・総論

・性別

・生年月日

・既往歴

・服薬情報

・同居人等の数

・本人との関係性

・在宅復帰の有無

・褥瘡の有無やステ ージ

・ Barthel Index

◆ 認知症

・認知症の既往歴等

・DBD13

・Vitality Index

◆ 口腔

・食事の形態

・誤嚥性肺炎の既往歴等

◆ 栄養

・栄養補給法

・提供栄養量_エネルギー

・提供栄養量_タンパク質

・主食の摂取量

・副食の摂取量 

・血清アルブミン値

・本人の意欲

・食事の留意事項の有無

・食事時の摂食・嚥下状況

・食欲/食事の満足感

・食事に対する意識

・多職種による栄養ケアの課題

 

言わずもがな、介護保険は社会保険費の一部であり、国の税金で賄われている。高齢者の尊厳を保持し、自立した日常生活を支援することを理念とした制度であり、介護もリハビリテーションの一部である。どのようなサービスを提供することで、上記のアウトカムにいい影響があるのか、まずはデータを蓄積することで検証することとなる。

 

報酬のインセンティブのあり方についても、これらの結果を踏まえつつ審議会などで協議していく予定だ。

 

  • Line
  • Hatena
【介護のビッグデータ】2021年度からエビデンスを本格収集へ
43165
43180

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01