「病院勤務のセラピストに知ってほしい地域リハの今とこれから」LEシンポジウム2017

  • Line
  • Hatena
2565 posts

 

地域包括ケアシステムを正しく理解しているでしょうか?

「病院勤務だから、関係ない」と思われている方々も、少なくありませんが、実は違います。地域リハビリテーションに対して、病院勤務のリハ職だからこそ理解していただきたいものです。なぜなら、地域リハビリテーションは地域住民、地域リハ事業所、病院、行政がそれぞれの専門性を発揮することで、ようやく成り立つシステムだからです。

 

 その他、「自分には技術がないからまだ、訪問リハに行くのは早い」と考えている方へ、訪問リハの実情を理解していただきたいと思っています。もちろん、病院勤務であれば「技術」は必須項目ですが、地域リハビリテーションの現場では、その「技術」の意味することが、様々あるからです。

 

リハビリテーションに必要な技術は「手技」だけではなく、「コミュニケーションスキル」「マネジメントスキル」などの能力や「笑顔が素敵」「ひたむきな性格」「素直さ」なども地域リハビリテーションでは、武器になります。

 

このような、多様な能力が必要とされることこそ、地域包括ケアシステムを成功に導く原動力になるのです。療法士が多様な能力を求められる中、地域も多様な専門家が求められている、ということをお伝えする機会になればと、考えています。

 

●日時・場所

 2017年1月19日(木)19:00~20:30 (18:30開場)

 渋谷「シダックスカルチャーホール」

 

●シンポジスト(詳細は別紙参照)

   ①長谷川幹先生(医師) 三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長

 

 ②千葉 哲也先生(PT) 日産厚生会玉川病院 理学療法士

  

 ③相樂裕様(CM 株式会社アーネストケア 代表取締役

 

 ④永澤明恵様(NS 荏原病院退院調整看護師

 

●参加費: ¥500  ※ただし、LEご活用者様や学生、会社紹介カードを持参された方は無料

お申し込みは、こちらからお願いいたします。

  • Line
  • Hatena
「病院勤務のセラピストに知ってほしい地域リハの今とこれから」LEシンポジウム2017
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Yoko

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01