高齢者における股関節外転筋の弱化とバランスコントロール【論文から学ぶエビデンス】

  • Line
  • Hatena
2346 posts

 

 

約30%の高齢者は少なくとも年に1度は転倒しており、内外側方向のバランス障害はそれらの転倒の重要な要因であると報告されている。

 

股関節外転筋群は、加齢に伴うそれらの筋力減少の一方で、内外側方向のバランスコントロールに関係している。

 

それゆえ、今研究において我々は強い股関節外転筋力と同筋群のより正確な固有受容感覚を有する高齢者が内外側方向における優れたバランスコントロールを有するかどうかを調査した。


我々は弱化した股関節の外転筋群と固有受容感覚は内外側のバランスコントロールを高度に悪化させ、高齢者の転倒リスクを増加させるかもしれないと仮説を立てた。


この仮説を調査するために、我々は高齢者の股関節外転筋力および固有受容感覚と内外側方向のバランスパフォーマンスの関連付けを行った。結果は強い股関節外転筋の活動を有する高齢者は優れたバランスパフォーマンスを有することを示した。加えて、

 

↓↓続きはこちら↓↓

 

  • Line
  • Hatena
高齢者における股関節外転筋の弱化とバランスコントロール【論文から学ぶエビデンス】
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01