【運動器7】非特異的腰痛(前屈型)のエクササイズデザイン-前編-

  • Line
  • Hatena
1982 posts

 腰痛の予防や機能障害を有するクライアントに対して、パーソナルトレーニングをデザインする方法をお伝えします。
理学療法士兼トレーナーとして独立している特性上、腰痛のみ単一で課題になることは少なく、パフォーマンスアップやボディメイクの要素も組み合わせて対応する機会が多いです。
その際、徒手的対応だけでなく幅広い対応方法のなかで実行可能なベストの解決策を提供できることが能力として求められます。
パーソナルトレーニングだけではなく日々の臨床でも十分応用可能な内容となっています。

皆さんはじめまして!運動器7の木曜日担当になります、見山です。  初めての職場はスポーツ整形外科で5年→トレーニング事業の会社に1年→整形外科で自費のパーソナルトレーニングを中心として2年→そして現在独立して3年目という経歴です。理学療法士としては、11年目になるかと思います。   現在...

この記事はプレミアム会員限定の記事です。

無料会員登録すると、月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録すると、
月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録する
  • Line
  • Hatena
【運動器7】非特異的腰痛(前屈型)のエクササイズデザイン-前編-
43153
43165

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01