療法士の転職は夏が良い理由!

【運動器7】プロチームにおける理学療法士の役割

4299 posts

 

こんにちは!火曜担当の眞田です!

今回は私自身の近況をご報告できたらと思います。

そして本日で最後の運動器7の記事となりました。

主にパラリンピックに関連することを書かせていただきました。このような機会をいただいたPOST様に感謝です。

 

7月からバスケットボールB1リーグのチームで理学療法士として働いております。

2019-2020シーズン10月からの開幕に向けて今はチーム練習、トレーニングなどを積んでおります。

日々現場で過ごして思うのは、スポーツ現場にも我々療法士の役割があると感じております。

まだ開幕していないため、これからみえてくるものがあるかと思いますが現在チームで行っている主な役割は

・チームウォームアップ前の個人ウォームアップ

・テーピング

・ケガ人の状況把握やチームドクターとの連携、競技復帰プランを立案

・練習参加できない選手の別メニュー実施

・ケガ予防のメディカルチェック

・疲労に対するケア

・チームウォームアップ

・補強のランメニュー

・選手がケガした時、病院に同行

など。

例えば、ウォームアップなどは、コーチングスタッフがどのようなメニューから練習に入るのかによって、心拍数の上げ方やウォームアップにかける時間・メニューが変わってきます。

どのようなメニューで組み立てて、実施するのかも試行錯誤しながら過ごしております。

補強のランメニューではバスケットボールの競技動作に多い切り返しやスプリント、ジャンプからの着地動作、コンタクトプレーなどのトレーニングを行います。

9月からプレシーズンマッチが始まり10月から来年4月まで60試合あります。その中で勝ち負け、アクシデントに限らず、チーム状況は良いときもあれば悪いときもあると思います。

【運動器7】プロチームにおける理学療法士の役割

Popular articles

PR

Articles