「嗅覚」と「不眠」の関係性。アロマがもたらす睡眠改善のメカニズム

  • Line
  • Hatena
1332 posts

実は睡眠と嗅覚は意外な関係性があります。それを理解することでアロマを用いて睡眠の改善を図ることも可能となります。

「0833」「0906」「114106」これらの数字は何を表していると思いますか。正解は「おやすみ(0833)」「遅れる(0906)」「愛している(114106)」。これらはスマートフォン(スマホ)が普及する以前に使われていたポケットベルでの読み方です。

 

しかし、今は「5G」と呼ばれる高速通信速度の時代です。インターネットが普及し「スマートフォン」が欠かせない世の中になり、無人島にひとつだけ持っていけるものに「スマートフォン」と選ぶ人がいても不思議ではありません。

 

そんな進化し続ける世の中で、スマートフォンによる健康被害が懸念されています。それは「不眠」です。スマートフォンから放たれるブルーライトが「ガングリオンセル」

 

という視細胞を活性化させることで脳を刺激し、覚醒度合いを高めて不眠を引き起こします。睡眠には「視覚」による刺激が大きく関係しますが、実は「嗅覚」も睡眠に大きく関わります。

 

嗅覚刺激の一種である「アロマ」は紀元前3000年頃の古代エジプト文明の時代から薫香(お香)や浸剤(ハーブティーやハーブオイル)として親しまれ、古くから人々の暮らしのなかでその効果が知られていました。

 

アロマが脳に働きかけるメカニズム

 現在でもアロマは美容サロンやリラクゼーションサロンで用いられるなど「癒やし」のイメージが強いアロマですが、その身体的効果も少しずつ科学的に解明され始めてきました。


香りは、私たちの身体に以下の手順で大きな効果をもたらします。匂い刺激が鼻周囲に漂うと、鼻腔内の嗅細胞が匂いを感知。その後、嗅細胞から匂いの情報が嗅球と呼ばれる部分に入り、嗅神経を通して「側頭葉の嗅覚野」「海馬」「扁桃体」「視床下部」に投射され、最終的に「眼窩前頭回野」にたどり着きます。

 

ここで重要なのは、海馬、扁桃体、視床下部を通りながら眼窩前頭回野にたどり着くという点です。「海馬は記憶」「扁桃体は情動の変化」「視床下部は自律神経、ホルモン調整」に関わる部位です。つまり、アロマは「精神的な安定」をもたらすとともに「状況判断の向上」「自律神経の調整」に働きかけるのです。また、アルツハイマー型認知症の治療への有効性も認められ、これからはさらに注目を浴びていくと思われます。

 

「不眠」と「嗅覚」の関係でいちばんのキーワードは「自律神経系」です。職場・家庭での人間関係や将来の不安など、さまざまなストレスが加わると「視床下部」「扁桃体」が興奮状態になり、摂食行動や飲水行動、性行動などの本能的行動が少しずつ狂い出します。

 

また、ホルモンバランスが乱れて血圧上昇などを引き起こしたり、暴飲暴食などの不規則な生活により交感神経が優位になったりして「不眠」へとつながっていきます。


1万人を対象に不眠に対する調査を行った結果、約50%に不眠の疑いがありました。そんな多くの方が悩みを抱える「不眠」の解決手段のひとつとして、扁桃体や視床下部と大きな関わりを持つ「嗅覚(アロマ)」が注目を浴びているのです。

 

今後、期待されるアロマの可能性とは

 ヨーロッパでは医師と薬剤師しか処方できない国も存在するなど、薬品として位置付される『アロマ』ですが、日本ではまだ補完代治療としての位置付けにとどまっているのが現状です。

 


しかし、これからの日本の医療・介護分野でもアロマの活用は一般的になっていくと私たちは考えています。

 

ひょっとすると将来のテクノロジーの進化により、香りを遠隔で届けることも可能になるかもしれません。古代エジプト時代から親しまれてきた「アロマ」が現代の私たちの暮らしのなかでも“当たり前の存在”になる日はもうすぐ目の前です。

 

アロマケア研究会主催「メディカルアロママスター」資格認定制度

 最近は医療現場でも、リハビリテーションやケアにアロマの技術が用いられています。アロマの使用に積極的な欧米諸国では、アロマセラピーを 医療行為として認めている国もあり、近年は特にアロマがもたらす効果に注目が集まっています。

 

「アロマ資格認定講座」では、本当に現場で 使えるアロマリハの技術習得を目的としています。 この機会にアロマの知識と技術を学んで、もうワンステップ上にスキルアップしてみませんか?

【研修会詳細】

アロマの効果を最大に引き出すには「体液循環」「リンパ循環」を知ることは非常に重要なポイントとなります。
機能解剖学や生理学に基づいて、体液循環を促し、リンパの流れを整えていきます。「メディカルアロマリスト」では、術後の患者様や女性の悩みでもある「浮腫み」に対して、リンパドレナージの方法や手順をお伝えします

アロマセミナー案内 アロマ認定認定資格【メディカルアロマリスト】

日程:2020年1月25日(土曜)
場所:リハビリセンター -smile-スミレ 光の森 「熊本県熊本市北区弓削4丁目8−10」
料金:7,000円
資格名:メディカルアロマリスト

お申し込み先
http://aromalabo.site/contact3/index.html

詳細はこちらからご確認ください。
http://aromalabo.site

 

EMIAS Group 公式ホームページ 

※画像をクリックすると、ホームページにご案内。

株式会社 EMIAS 公式ホームページ

 

リハ特化型デイ リハビリセンターsmile-スミレ- 

 

訪問看護 リハステーションspito-スピット- 

 

アロマケア研究会地域事業部 

  • Line
  • Hatena
「嗅覚」と「不眠」の関係性。アロマがもたらす睡眠改善のメカニズム
43153
43180

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01