【整形外科的テスト】脊椎に関する26のスペシャルテスト

8173 posts

頸椎の椎間関節症,頸椎症性神経根症

ジャクソンテスト(Jackson Test): 座位で検査者が患者の頭を側方に曲げ、頸椎を圧迫します。痛みが増加する場合、頸椎症性神経根症の可能性があります。

スパーリングテスト(Spurling Test): 座位で検査者が患者の頭を側方に曲げ、軽く圧迫します。痛みが増加する場合、頸椎症性神経根症の可能性があります。

肩引き下げテスト(Shoulder Depression Test): 座位で検査者が患者の肩を下に引き、頭を反対側に曲げます。痛みが増加する場合、頸椎症性神経根症の可能性があります。

イートンテスト(Eaton Test):座位で検査者が頸部を健側に側屈させる。側屈した側の逆の手関節を握り、後下外方へ引く。患側上肢,特に手指に放散痛がある場合、頸椎症性神経根症の可能性があります。

胸郭出口症候群

アドソンテスト(Adson Test): 座位で検査者が患者の脈を確認しながら、患者の頭を後ろに傾け、深呼吸させます。脈が減少する場合、胸郭出口症候群の可能性があります。

モーリーテスト(Morley Test): 患側の鎖骨上窩で腕神経叢を圧迫します。上肢や胸のあたりにしびれや痛みが生じたら、陽性です。胸郭出口症候群が疑われます。

エデンテスト(Eden Test): 被験者は胸をはります。その後、被検査者の両腕を後ろ下に引っ張ることにより行います。この際、橈骨動脈の脈拍が減弱ないし消失した場合には、陽性となります。鎖骨と第一肋骨との間には、腕神経叢と鎖骨下動脈が通っていますが、エデンテストが陽性の場合には、肋鎖症候群が疑われます。

ライトテスト(Wright Test): 座位で検査者が患者の脈を確認しながら、患者の腕を上に挙げます。脈が減少する場合、胸郭出口症候群の可能性があります。

ルーステスト(Roos Test): 座位で検査者が患者の腕を90度に曲げ、開閉させます。痛みや痺れがある場合、胸郭出口症候群の可能性があります。

椎骨脳底動脈循環不全

椎骨動脈テスト(Vertebral Artery Test): 背臥位で検査者が患者の頭を後ろに傾け、側方に回転させます。めまいや視覚障害がある場合、椎骨脳底動脈循環不全の可能性があります。

頸椎脱臼・亜脱臼

環椎横靱帯ストレステスト(Transverse Ligament Stress Test): 背臥位で検査者が患者の頭を前に押します。痛みや痺れがある場合、環椎横靱帯の損傷の可能性があります。

翼状靱帯ストレステスト(Alar Ligament Stress Test): 背臥位で検査者が患者の頭を側方に回転させます。痛みや痺れがある場合、翼状靱帯の損傷の可能性があります。

胸椎椎体骨折

ソート・ホールテスト(Soto-Hall Test): 背臥位で検査者が患者の頭を持ち上げます。胸部に痛みがある場合、胸椎椎体骨折の可能性があります。

胸部の神経根障害

ビーバー徴候(Beevor Sign): 背臥位で検査者が患者に上体を起こさせます。臍が上に移動する場合、胸部の神経根障害の可能性があります。

腰椎椎体骨折,腰椎挫傷・捻挫

腰椎の棘突起叩打テスト(Spinal Percussion Test): 検査者が患者の腰椎の棘突起を叩きます。痛みがある場合、腰椎椎体骨折や腰椎挫傷・捻挫の可能性があります。

椎間関節損傷,腰椎椎体骨折,腰椎椎間板ヘルニア,腰部脊柱 管狭窄症

ケンプテスト(Kemp Test): 座位または立位で検査者が患者の肩を押しながら、患者の体を後ろに曲げます。痛みがある場合、椎間関節損傷や腰椎椎体骨折、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

腰椎椎間板ヘルニア,腰部脊柱管狭窄症

下肢伸展挙上テスト/SLR テスト(Straight Leg Raising Test): 背臥位で検査者が患者の脚を直線に伸ばしながら持ち上げます。痛みがある場合、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

ブラガード徴候(Bragard Sign): SLRテストの後、検査者が患者の脚を少し下げ、足首を曲げます。痛みがある場合、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

ラセーグ徴候(Lasegue sign): SLRテストと同様のテストで、痛みがある場合、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

ボウストリング徴候(Bowstring Sign): SLRテストの後、検査者が患者の膝の裏側を圧迫します。痛みがある場合、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

フリップテスト(Flip Test): 椅子座位で行うSLRテスト。この状態で坐骨神経症状が出れば陽性。出なければ詐病を疑う。

フーバーテスト(Hoover Test):通常SLR時に、非検査側下肢(検査者の手を踵に置く)は床を押す力が働く。これを利用して、神経症状によりSLRが困難な患者がいた場合、検査側SLR時に非検査側下肢の床への押し付けがなければ詐病を疑う。

大腿神経根障害(腰椎椎間板ヘルニア)

大腿神経伸展テスト/FNS テスト(Femoral Nerve Stretching Test): 患者が腹臥位で・側臥位で検査者が患者の膝を曲げます。痛みがある場合、大腿神経根障害の可能性があります。

下肢の動脈循環障害

バージャーテスト(Buerger Test): 背臥位で検査者が患者の脚を持ち上げ、白くなるまで圧迫します。その後、患者の脚を下ろし、再び血流が戻るのを観察します。遅延がある場合、下肢の動脈循環障害の可能性があります。

仙腸関節捻挫,仙腸関節障害

ゲンスレンテスト(Gaenslen Test): 背臥位で検査者が患者の片方の膝を胸に押し付け、もう一方の脚を下に引きます。痛みがある場合、仙腸関節捻挫や仙腸関節障害の可能性があります。

骨盤不安定性テスト(Pelvic Rock Test):背臥位で検査者が患者の骨盤を両手で押します。痛みがある場合、骨盤の不安定性の可能性があります。

参考文献

1,Daniëlle AWM van der Windt,Emmanuel Simons, Ingrid I Riphagen,Carlo Ammendolia, Arianne P Verhagen,Mark Laslett,Walter Devillé,Rick A Deyo,Lex M Bouter,Henrica CW de Vet,Bert Aertgeerts ;Physical examination for lumbar radiculopathy due to disc herniation in patients with low-back pain;Diagnostic Test Accuracy Review;Published Online: 17 FEB 2010;Assessed as up-to-date: 28 OCT 2008fckLRDOI: 10.1002/14651858.CD007431.pub2

2,David J. Magee;Orthopaedic Physical Assessment; Chapter 9-Lumbar Spine;Fifth Edition: Pg 558-564.

3,Mistry J, Heneghan NR, Noblet T, Falla D, Rushton A. Diagnostic utility of patient history, clinical examination and screening tool data to identify neuropathic pain in low back related leg pain: A systematic review and narrative synthesis. BMC

4,Deville WL, van der Windt DA, Dzaferagic A, et al. The test of Lasegue: systematic review of the accuracy in diagnosing herniated discs. Spine 2000;25:1140-7.

5,Rabin A, Gerszten PC, Karausky P, et al. The Sensitivity of the Seated Straight-Leg Raise Test Compared With the Supine Straight-Leg Raise Test in Patients Presenting With Magnetic Resonance Imaging Evidence of Lumbar Nerve Root Compression. Arch Phys Med Rehabil. 2007;(88):840-843.

6,Lyle MA, Manes S, McGuinness M, Ziaei S, Iversen MD. Relationship of physical examination findings and self-reported symptom severity and physical function in patients with degenerative lumbar conditions. Physical therapy. 2005 Feb 1;85(2):120-33.

7,Orthopaedic Manual Physical Therapy From Art to Evidence, Chapter 19: The Theory and Practice of Neural Dynamics and Mobilisation. Christopher H Wise.

8,Butler DA: Mobilisation of the nervous system, Melbourne,1991,Churchill Livingstone.

【整形外科的テスト】脊椎に関する26のスペシャルテスト

Popular articles

PR

Articles