作業療法士

3Dプリンターでデザインする新しい作業療法の世界【ファブラボ品川ディレクター|林 園子さん】
第307回

3Dプリンターでデザインする新しい作業療法の世界【ファブラボ品川ディレクター|林 園子さん】

1150 posts
第307回目のインタビューは、ファブラボ品川のディレクター、作業療法士の林 園子さんです。ファブラボ品川は、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械、はんだごてなどの各種工具を備え、地域に住む子供からお年寄り、障害を持った方からセラピストまで幅広く、ものづくりのためのスペースとして利用されています。介護施設ではなく新しい”通いの場”を創造する作業療法士の働き方を伺いました。
林 園子さん
2019.03.28
line@
43177
43165

PR

Articles

Bnr 01