唐沢 彰太
唐沢 彰太

2015年2月より自費のリハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」の理学療法士として、脳卒中の方への施術を提供しています。
現在は事業部長として全体マネジメントに従事している一方で、脳科学・神経心理学・認知心理学など様々な分野の知識を施術に取り入れ日々臨床と向き合っています。高次脳機能障害などの脳卒中や慢性疼痛(特に線維筋痛症)に関する講演多数。
著書:「臨床は、とまらない」.協同医書出版.2016
   「傷ついた脳の声が聞こえているか」.学芸みらい社.2020

プロリハ研究サロン
twitter:@karasho_proreha(気軽にフォローお願いします!)
facebook:唐沢彰太 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の未来を考える

唐沢 彰太さんが書いた記事