イチローを支えたトレーナーの流儀から【関わり方】を考える

  • Line
  • Hatena
1622 posts

長年、イチロー選手のトレーナーを務め、シアトルマリナーズのアシスタントトレーナーを務めたATの森本貴義氏。

 

選手と関わる上でのある「こだわり」。それは、患者さんやスポーツ選手に関わる上で理学療法士や作業療法士も心がけておくべきことだと思う。

 

イチローをはじめ、選手たちはケガの種や不調の種があっても隠そうとする。森本はとにかく「観察」にこだわった。普段使わない言い回しや、いつもと違う振る舞いがあると見逃さないようにした。(引用:Yahoo!ニュース

 

人にもよるが、患者さんやスポーツ選手も理学療法士や作業療法士の前では「ちょっとよく見せたい」と思う心理を持っている方も多い。

 

リハビリのプロなら、表面的な部分だけで判断するのではなく、動作や表情も「評価」する必要がある。

 

選手の貢献のためにやっているのに、選手のためにならなかったら意味がない。(引用:Yahoo!ニュース

 

と森本氏が述べているように、患者さんやスポーツ選手に対して遠慮をするのではなく、「覚悟」を持って関わりを持っていくことが大切だ。

 

 

関連記事

 

* 視力の低いイチローと山田哲人から考える「眼と意識と身体の動き」

 

<本記事は、※1著作権法第32条 を参考に、以下の部分に注意し、記事の引用を行なっています。>

1,引用文と本文の区分をはっきりする。引用文には、「blockquoteタグ」で囲うものとする。2,引用元の本文を全文引用しないものとする。3,引用文は勝手に編集(構成上略す場合を除き)、内容の変更は行わないものとする。4,引用文のみの記事構成にはしないものとする。以上.

※1(引用)著作権法第32条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(文化庁:著作権なるほど質問箱

  • Line
  • Hatena
イチローを支えたトレーナーの流儀から【関わり方】を考える
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01