リベラシオンでハイヒールをスニーカーのような履き心地に

  • Line
  • Hatena
253 posts

一日中ハイヒールを履いていると足が痛い、腰が疲れる…といった経験が、ほとんどの女性にあるのではないでしょうか。学会などで年に数回しか履かないパンプスを履いて、靴擦れを作ったセラピストも多いはず。そんな悩みを持つ患者様を担当した経験のあるセラピストも、多くいるのではないでしょうか。今回は女性セラピストたちに、リベラシオン・インソールを紹介します。

広島国際大学リハビリテーション学科 教授

蒲田和芳

 

■ リベラシオンとは

リベラシオンとはスペイン語で「解放」を意味します。リベラシオン・インソールは女性を足の痛みから解放するために作られたインソールです。

 

■ ハイヒールはどうして足に負担をかけるのか?

ハイヒールをはくと常につま先立ちの状態となります。その時に体重が乗るのは中足骨頭のなかで、最も長い第2中足骨頭です。この部分に強い圧が加わり、立っているだけで痛くなってしまいます。

その対策として、圧を減らすために荷重面積を増やすことが必要です。 荷重面積を増やすため、つま先をやや外側に向けて、母趾と第2趾の先端に体重をかける方法があります。これを長期間続けると外反母趾が徐々に進行してしまいます。もう一つの荷重面積を増やす方法は、第2趾から第5趾までの4本の指(つま先の外側)に体重を乗せる方法です。これは荷重面積を広げるにはたいへん有効ですが、つま先が内側を向いて踵は外側に移動し、捻挫が起こりやすい状態となっています。

街でハイヒールを履いた女性の足を観察すると、後者が圧倒的に多いように思われます。つま先の外側に荷重する状態では、常に足の外側に体重を乗せることなり、足の外側アーチを降下させてしまいます。外側アーチが降下するということは、足の外側にある立方骨が降下して外側アーチがつぶれてしまうことを意味します。立方骨が沈み込むと、横アーチもつぶれ、その結果さらに第2中足骨の先端への荷重が強くなり、さらに荷重面を拡大するために側方に傾ける必要性が増してしまいます。このように、ハイヒールは足にどんどん負担をかけ、足部の歪みを構築していきます。

ハイヒールを履いて外側荷重で歩いていると、膝の内反が増強する場合があります。これには、外側荷重に連動する下腿の外旋が関係しています。内反増強は将来的な変形性関節症への進行を早める可能性もあることから、ハイヒール着用時の下肢アライメント改善は医療経済にも重大なインパクトのある課題であるといえます。

 

■ 前滑りを止め、荷重面積を拡大するリベラシオン・インソール 

リベラシオン・インソールはハイヒールを愛用する女性のために開発されたインソールです。これを装着すると、まず足が靴の中で前に滑らないことがわかります。前滑りが止まると、自然に踵に体重が乗りやすくなり、膝が真っ直ぐに伸びます。つまり、ハイヒールを履くと膝が曲がってしまうのは、前滑りが原因だったのです。

 

■ 期待される効果

リベラシオン・インソールは、前滑りを止めるとともに、つま先の荷重面積を拡大し、足の側方へのブレを防ぐように作られています。実際に、ハイヒールを履いても足がぐらつかず、安定させることが可能になりました。加えて、膝における下腿外旋の増強を防ぎ、すっきりと真っ直ぐに伸びる膝を保つことができます。このように、リベラシオン・インソールは足の解剖学とバイオメカニクスに基づいて作られているため、足の骨を足底からサポートして“理想的”な立体的なアーチを形作るように促し、それを維持することにより足部や膝の「ゆがみ」を予防します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お得な<半額>キャンペーン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 女性セラピスト限定で、リベラシオン・インソールを半額で購入できるクーポンコードを発行します。この機会に、ぜひ一度お試しください。またお知り合いの女性にもシェアしていただけると幸いです。

  ご購入ページ:https://realine.info/realine/insole-fem

  クーポンコード(50%オフ):CPwh5rd4

  有効期限: 2019年9月30日

 

■ 女性ならではの悩み

ハイヒールを履くことによる痛みは女性ならではの問題です。担当している患者様で仕事上どうしてもハイヒールを履かなくてはいけない場面が多く、痛みと戦っている方はいらっしゃいませんか?そんな方に、「ハイヒールを履くのをやめましょう」と言うのではなく、是非このリベラシオン・インソールを使用してみてください。きっとその方の手助けをしてくれます。

もう一つ、女性ならではの悩みがあります。それは妊娠・出産により身体にさまざまな変化が生じて起こる疼痛です。妊娠中からずっと腰が痛い、下肢が浮腫みやすい、偏頭痛が治らない、訴えは多岐に渡ってあると思います。妊娠・出産により受けた身体へのダメージは放置すれば一生続きます。セラピストとして患者様に最善の治療が出来るように、治療技術を向上させませんか?GLABでは産前・産後ケアセミナーを開催しております。興味のある方は是非一度参加してみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

産前・産後ケアに関するセミナー・勉強会情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー

大阪:産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー(9月7日)

名古屋:産前・産後の仙腸関節痛に対するリアライン・セラピー(11月16日)

■組織間リリース(ISR)初級編:産前・産後ケア

 大阪:10月13日・11月17日・1月12日(3日コース)

 参加登録: https://realine.info/schedule#schedulePregnant 

 

 

■産前・産後ケア イントロダクションセミナー

 全国各地での開催を計画中。講師依頼にも応じますので、seminar@realine.infoにお気軽にお問い合わせください。

■周産期ケア勉強会

(各地の会議室、クリニック、ホテルなどで開催する少人数での勉強会です。)

東京(13-16時、渋谷):8月23日

東京(18-21時、エコーを用いた観察):8月24日

大阪(19-22時、新大阪):8月30日

 最新情報・参加登録: http://bit.ly/2TWOkmE

■ 筆者・セミナーご紹介

 

筆者:蒲田和芳

・広島国際大学総合リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 教授

・株式会社GLAB(ジーラボ) 代表取締役

・一般社団法人日本健康予防医学会 副理事長

 

セミナーご紹介:蒲田和芳が講師を務める~全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ~CSPT2019 クリニカルスポーツ理学療法セミナーの受講者お申込み受付中です。

https://realine.info/seminar/cspt 

 

長期間の「拘縮」や「可動域制限」に対しても、確実に可動性を回復させるための徒手療法技術ISR(組織間リリース®)セミナー2019も受講者お申込み受付中です。

https://realine.info/seminar/isr 

 

 

■ 関節疾病の治療と進行予防のスペシャリストになるためのサイト

 

▼ ReaLine.infoのサイトはこちら

https://realine.info/

 

関節疾病の治療を進めるには、一時的な症状改善ではなく、メカニズムを含めた根本からの治療が必要です。メカニズムを解決することにより、効果を長続きさせ、再発しにくい状態に回復させることが可能となります。関節疾患の原因へ根本から働きかけるリアライン・コンセプトは、足関節から膝、股関節、胸郭、肩、肘など全身の関節に適用できます。


ReaLine.infoでは関節運動指導士の技術を取得するための各種セミナーとともに、アライメント修正に有効なリアライン商品をご紹介しております。リアライン・ブログでは、蒲田の治療経験などを惜しみなく紹介しています。是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

  • Line
  • Hatena
リベラシオンでハイヒールをスニーカーのような履き心地に
マイナビ
43177
43165

PR

Articles

Bnr 01