お知らせ

5/27(水)から、無料会員の方が閲覧できるプレミアム記事が月1記事に変更致します。

理学療法は楽しいですか?【諸谷万衣子】

  • Line
  • Hatena
3849 posts

 

イマイ
本日は、お時間いただきありがとうございます。

 

諸谷さん
こちらこそありがとうございます!今井さんも理学療法士(以下、PT)なんですか?

 

イマイ
は、はい。一応PTです。今は、療法士向けのWEBサイトを運営しています。特に日本の若いPTまたは学生は、未来に対して悲観的な意見(診療報酬の低下など)をもっている方が多く、その方向けに少しでも未来が明るくなるような情報をお届けするサイトです。

 

諸谷さん
そうなんですね。そのような情報は、私にとって非常に重要な情報ですね。アメリカでも、ここ最近、保険会社から支払われるお金というのが減ってきているのが現状です。

 

イマイ
あっそうなんですね。それは調査不足で知らなかったです。

 

諸谷さん
そうなんです。でも、日本でもそうですが、学生がPTになるために、沢山のローンを抱える人がいますが、それに見合った報酬になっていない、というのもアメリカの問題としてあります。

 

イマイ
そんな現状もあるのですね。

 

諸谷さん
ただ、アメリカでの需要は高く、アメリカの国勢調査のようなもので、PTは常に人気の職種とはなっています。

 

イマイ
日本ですと、人気に関しては定かではありませんが、知名度という点で遅れをとっているように感じています。

 

諸谷さん
そうですね。この間、元NBAのコービー・ブライアント選手の記事で、彼を陰でサポートしていたPTのジュディ・セトさんについて、彼の選手生命を支えた人物だったと書かれていましたが、もっと「PTはこんなこともできるんだ」ということがメディアを通して伝わればいいなと思いました。

*このインタビューは1月21日に実施。

 

 

 

イマイ
そうですね。そのような目的も含め、POSTを作ってきたという想いもあります。その中で、諸谷さんの活動というのも1つ、我々療法士にとって道しるべとなることが多いと思いまして、本日いろいろお話をお聞きできればと思っております。

 

諸谷さん
ありがとうございます。私の場合、日本から見るとアウトサイダーで、日本での資格はもたず、アメリカでPTになりました。日本人の心を持ちつつ、アメリカの文化を学んだものとして、クオリティの高い情報をお届けするのが夢です。

 

イマイ
(アウトサイダーの発音が本場だ…)

 

諸谷さん
もう1つ大きな夢は、日本にも素晴らしいPTが沢山いますので、逆に日本のPTをアメリカで紹介したいと思っています。

 

イマイ
あっそれ、私たちが運営するPOSTのミッションでもありますよ。そもそも諸谷さんは、生まれは日本なのですか?

 

諸谷さん
一応、大阪生まれです。でも、大阪での記憶は小学校2年~6年までで、その前は生後6ヶ月から父の仕事でシンガポールに住んでいました。

 

イマイ
そういうことだったんですね。諸谷さんのことを調べている中で、世界各国で教育を受けたと拝見したので。

 

諸谷さん
そうですね。中学校3年間はマレーシアに3年間住んで、アメリカンスクールに通っていました。最初の頃は、8年間海外にいたにも関わらず言葉はまだ分からなかったので、大変でしたが、この時の経験が“教育”というものを考えるきっかけとなりました。そのあと、高校は日本の高校に通いました。

 

イマイ
あっそうなんですね。

 

諸谷さん
はい、帰国子女が多く集まる高校で、私だけが一人浮いてしまうということがなく、ここでも多文化に触れられる良い場所となりました。

 

イマイ
PTになると決めたのはいつ頃ですか?

 

諸谷さん
PTは大学に入学してからですね。

 

イマイ
確かアイオワ州(グリネル大学)でしたよね?

 

諸谷さん
そうです。アイオワは、トウモロコシと大豆の畑が一面に広がっているところで、本当に何もない、180°見渡せるすごい綺麗なところですよ。笑 あれだけ大きな空を見たのは初めてでした。

 

イマイ
(うちの田舎と一緒だ…)

 

諸谷さん
大学では、高校で大好きだった生物学を専攻しました。授業になるとテンション上がるんです。笑 ただ3回生になると顕微鏡で見るような授業が増え、「人生こうやって終わるのか」と考えた時に、もっと人と接する仕事をしたいと思いました。

 

イマイ

 

諸谷さん
私にはもう1つ大きな夢があって、学生の頃からテニスをさせてもらって、大学でもテニスを4年間なぜか冬にはバスケをして過ごす中で、サポートされる側を経験しました。

 

イマイ
(冬にバスケ?…)

*アメリカの大学スポーツは、シーズンがあるんですよ!8月~11月はテニスのシーズン。11月から2月ごろまではバスケットのシーズンでした。

諸谷さん
最初はアスレチックトレーナーになろうと思いましたが、その後進学することとなった、ワシントン大学理学療法学科の学部長さんが私の大学へリクルートに来ました。そこで彼女が情熱的に話していたムーブメントの話がとても刺激的でした。

 

イマイ
(やはり海外では女性が沢山活躍しているな…)

 

諸谷さん
それと、留学生としてアメリカに合法的に居続けることは、学生にとっての課題ですが、留学のアドバイザーから「看護師や理学療法士の資格を取るとグリーンカードを得やすいよ」と聞いていました。

 

イマイ
(グリーンカード欲しいな…)

 

諸谷さん
尊敬するPTに出会えたり、アメリカに住むという目的を達成できたり、スポーツ含めそれよりも広い範囲で活躍でき、需要も高いPTになるためにワシントン大学大学院に進学しました。

 

イマイ
やはり、尊敬できるカリスマPTに出会えた経験というのは大きいのですね。私たちも、その選択肢、可能性を増やすためにインタビューを配信しています。

 

諸谷さん
そうですね。何か彼女には惹かれるものがありましたね。実は、彼女には大学院進学の情報収集として事前に、メールをしていました。彼女も忙しい方ですから、返信がなかったのですが、ある日、彼女からの返信が、私の質問の回答とともにお手紙で届いていました。彼女のそんな配慮が嬉しかったのを覚えています。

 

イマイ
学部長しかり、様々な出会いによってPTの道へ進んで来られたのだと思いますが、その中でもサーマン先生との出会いは特別だったと思います。どのような点で、サーマン先生に惹かれたのですか?

 

諸谷さん
そうですね。サーマン先生の授業は主に、モーターコントロールの授業で、正直教科書を読むだけの授業でした。でも、授業中にお話しされる、中枢系疾患をもった患者さんとの臨床で起こった話を聞くのが非常に楽しかったです。

 

イマイ
(サーマン先生の専門って中枢疾患だったんだ…)

 

諸谷さん
私が大学院三回生だった頃、PTオフィスでアルバイトをしていた時に、事務の方が「今度セントルイスであるMSIの講習会に、日本人が参加するよ」とお聞きしました。

 

イマイ
(もはや個人情報とはなんなのか…)

 

諸谷さん
「日本人が来るの⁉︎」と驚きましたが、その方*から「サーマン先生にぜひ日本に来て講義をしてほしいとお願いするのだけど、英語が不安だから一緒に行ってもらえる?」とのことで、お願いしに行き、2008年初めて姫路の獨協大学でサーマン先生の初来日講演会の通訳として、活動しました。

*千葉メディカルセンターの高間省吾先生です!

 

 

イマイ
当時はすでに、サーマン先生ないしMSIの認知度は日本でも高かったのですか?

 

諸谷さん
そうですね。「運動機能症候群のマネジメント」という本がベストセラーになっていると伺っていましたので、その影響で日本でも知っている方は多かったと思います。私自身も、MSIのフレームワークは今でも活用していますよ。

 

運動機能障害症候群のマネジメント理学療法評価・MSIアプローチ・ADL指導

 

イマイ
確かにMSIのフレームワークは、非常にわかりやすいと感じます。MSIをサーマン先生から直接学ばれて、先生がよく言われていた言葉や記憶に残る言葉はありますか?

 

次のページ>>サーマン先生は言います「新人とベテランの違いは…

 

  • Line
  • Hatena
理学療法は楽しいですか?【諸谷万衣子】
43165
43180

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01