放課後等デイサービスとは?ーその仕組みと制度まとめー

  • Line
  • Hatena
1492 posts

放課後等デイサービスとは?

 主に6歳から18歳の障害のある児童を対象として提供するサービスのこと。1か月の利用日数は施設と保護者が相談した上で自治体が決定する。利用に際して療育手帳や身体障害者手帳は必須ではないため、学習障害等の児童も利用しやすい利点がある。



この放課後等デイサービスは2012年の児童福祉法改正により設置されました。(以下児童福祉法 第六条の二の二)

この法律で、放課後等デイサービスとは、学校教育法 (昭和二十二年法律第二十六号)第一条 に規定する学校(幼稚園及び大学を除く。)に就学している障害児につき、授業の終了後又は休業日に児童発達支援センターその他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他の便宜を供与することをいう。
児童発達支援との放課後等デイサービスの種類(母体企業の違い)(おもに、放課後デイだけやっている企業、放課後デイを含めた療育をしている企業、介護サービス会社の一環としての放課後デイ)

出典:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail...

 

放課後等デイサービスでは、基本的に放課後や休日を利用し、機能向上を目的とした施設であるため、不登校の受け入れ等は行っていない。また、現状では機能向上を目的としていながら、専門家の不在、その大半がゲーム、ドライブ、など当初の目的とは違ったサービスを提供する施設も散見されている。

 

施設基準

 放課後等デイサービスの施設基準をみると、我々療法士は必須条件に加えられていない。しかし、厚生労働省のガイドラインをみると、このサービスの役割の一部に、「障害のある子ども」に対して、基本的日常生活動作や自立生活を支援するための活動を行う、との記載があり、本来の役割から考えれば、我々専門家の配置は必須であっても良いだろう。

 

しかし現状では、多くても1名配置している施設はあるものの、まだまだ療法士全体の活躍の場所、としての位置付けにはなっていない。現状盛り上がりつつある分野において、「予防」というものがあるが、理想としては、この時期から予防的介入は必要ではないだろうか。

・指導員又は保育士、児童発達支援管理責任者(児発管)、機能訓練担当職員(機能訓練を行う場合)の配置が必須。

・重症心身障害児に対しては、指導員又は保育士に替えて、児童指導員又は保育士、さらに嘱託医、看護師、機能訓練担当職員の配置。

・児童発達支援センターが児童発達支援事業を行う場合子ども一人当たり2.47㎡の床面積なので、参考にすること。

参照:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000082829.pdf

 

放課後等デイサービスにおけるルネサンスの取り組み

 放課後等デイサービスの事業を開始した株式会社ルネサンスを取材した。ルネサンスは2012年にリハビリ特化型デイサービス『元氣ジム』で介護保険事業を開始し、現在直営23店舗、フランチャイズ6店舗を展開している。

 

2018年にルネサンスとしては初の放課後等デイサービス『元氣ジムJr.東戸塚』をオープン。2020年に元氣ジムの運営時間外を利用して『元氣ジムJr.三ツ境』をオープンした。

 

今回、理学療法士でありながら元氣ジムJr.三ツ境の管理者、道下さんに元氣ジムJr.の取り組みを伺った。

道下さん
元氣ジムJr.三ツ境では、障がいをお持ちのお子様に専門的なリハビリを提供したいという想いから、理学療法士を2名配置しています。

 

道下さん
私のほかに、長年小児の領域に従事してきた理学療法士がいますが、以前従事していた場所で専門職のリハビリが質的にも量的にも課題があることを目の当たりにしてきました。

 

道下さん
その経験を生かし、質的にも量的にも充実したリハビリを提供したいという想いから元氣ジムJr.三ツ境のサービスを考えました。

 

道下さん
元氣ジムJr.三ツ境では、平日15時まで通所介護施設の元氣ジムとして運営しています。そのため、放課後等デイサービスとしての運営は平日の15時30分から17時までと、土曜日の終日となります。平日はサーキットプログラムと個別支援の融合、土曜日は個別支援(個別リハビリ)で内容を変更して実施しています。

 

道下さん
元氣ジムJr.三ツ境のサーキットプログラムは、基本動作の36動作を中心とした感覚統合の要素を取り入れています。

 

 

道下さん
小児では、口頭や指節での指示でリハビリを行うことが困難なことが多いため、遊びの中に様々な課題環境を用意し、評価・アプローチを繰り返しています。以下の写真は、サーキットプログラムの課題環境の一部です。

 

道下さん
エアー式の遊具で登る動作や、滑る動作を取り入れ、遊ぶ中で前庭・固有感覚の入力や統合作業を繰り返し行えるようになっています。エアーの量を変更することで、反力のコントロールも自在に行っています。子供たちの状態に合わせて、サーキット内容を変更しながら、遊びを通してリハビリテーションや療育を実施しています。

 

 

道下さん
個別支援プログラム(個別リハビリ)は、基本ベースは療育センターや支援・養護学校と連携しながら、地域課題でもある質・量の部分を補填していきたいと思います。

 

道下さん
従来の小児リハビリで取り入れられているボバース法などの神経発達学的アプローチを始め、促通反復療法などを実施し子供の正常発達や、重症心身障碍児の変形の予防を実施していきます。理学療法士・看護師でトータル1時間30分のパーソナルリハビリを展開していく予定です。

 

道下さん
今はまだ、小児分野を専門とする理学療法士は少ないと思いますが、それは環境や施設数が少なかったからだと感じています。地域には、専門職のリハビリを必要としているお子様やその両親がたくさんいるということを実感しました。

 

道下さん
地域の課題を解決し、様々な方の生きがい創造をお手伝いできる施設を今後も増やしていきたいと考えています。

 

道下さん
今後は母体のフィットネスクラブとの融合も積極的にしていきたいと考えています。理学療法士としてもお子様のリハビリ施設『元氣ジムJr.』、健常者向けの施設『スポーツクラブ』、介護保険領域のリハビリ施設『元氣ジム』『リハビリセンター』、と幅広い分野で活躍できる環境を作っていきたいと考えています。

 

道下さん
「とりあえず総合病院に就職しよう」という流れから「様々な分野に取り組める総合地域リハに就職しよう」という流れを新たに創造できるように、今後も活動していきます。
  • Line
  • Hatena
放課後等デイサービスとは?ーその仕組みと制度まとめー
43180
43165

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01