お知らせ

5/27(水)から、無料会員の方が閲覧できるプレミアム記事が月1記事に変更致します。

【福井勉先生 | 理学療法士】海外と比較した日本の理学療法士界事情 文京学院大学

  • Line
  • Hatena
826 posts

人生の前半と後半でやること

 

理学療法の国家資格ができて50周年になりましたが、ほとんどが輸入品です。

 

私は今まで16カ国に理学療法を見に行って感じた事は、その国々に素晴らしい病院と素晴らしくない病院とありました。


平均をとると国ごとのレベルの違いはあると思いますが、圧倒的に違うのは病院ごとの差です。さらに考えると個人個人の違いなわけです。

 

それを考えると個人のオリジナリティが足りないなと感じます。


うちの学校(文京学院大学)では学生が1つの事を何回も学ぶということよりも、色々な技術的な内容を学んでもらえるようにカリキュラムを組んでいます。

 

ブラッシュアップコースでも特徴的な講師をお呼びしていますが、誰かの模倣をするのではなく自分が考える事を大事にしてほしいという事を伝えています。


自分の臨床をやる以上、何かに取り込まれるのではなく、取り込めというように伝えています。それがオリジナリティだと思うからです。

 

経験値が必要な仕事ですし、人生の前半は何が正しいのか自信もないから、何をしても良いんだと思っていますが、人生の後半は自分が主体となって新しい事に取り組むことが必要だと思います。

 

新しい事をやらないと世の中の底上げになりません。日曜日にやっていた「花燃ゆ」では吉田松陰など20代でとにかく日本を変えようとしている。そのスケールがすごい。新しい事をやるとはそういうこと。世のために何かしないと人生寂しいですよ。


人のためにやるということ。


自分の事ばかりになると人相が悪くなります。

 

尻の穴も小さくなります。リハビリは人のためにやることだけれど、その中でも相対的に自分の事ばかりを考える人もいる。利他主義といいますが、自分のことよりも他の人の事を考えた行動をとると、人間として力が発揮しやすくなる。


震災などでボランティアに行く人は偉いといいますが、行く人自身は偉いとか思ってなくて、人のために力を使う事が自分の力になることを確信しているんだと思います。その点はリハビリも同じですよね。

 

それにしてももっと外に出た方が良いと思います。

 

今の日本に足りないのは…

IMGートオブジェクト-1
 

海外の学会で思ったのは、日本人が発表のポスターの前で外人が質問しても、英語が話せないから質疑応答にならないんだよ。ひどい場合はポスターの前に立たない人もいる。


それで発表してきた事になるのかと。日本人は外国で発表するとそれだけでブランドになってしまう。

 

海外に留学してきましたとか。そういうつまらないのが日本の嫌なところです。


留学は本人の体験としては素晴らしいですが、鼻を高くする事ではないですよね。

 

色々出来るようになっても、その中の何人かは新しい事をやっていただかないと全体が進みませんし、日本の文化はまだそういうのが根強い気がします。


外国から来た先生を崇め立てるようなことがありますよね。良い人を呼んでいるから間違ってはいないんだけど、自分たちも同じように海外に呼ばれるようになってほしいですよね。

 

そうなるためにはオリジナルな事でなければ話せないんです。アメリカから持ってきたものをアメリカでは話せないですよね?



lgf01a201409291000
 

海外の方が進んでいるとか、本当に自分の目で確かめているのかなと思います。フラットな目で見るようになるためには、もっと日本人が外へ出なければなりません。

 

アメリカに行くのも国内の地方に行くのも変わらないような時代になれば良いですよね。


日本人は控えめで協調性がありこの仕事に向いていること、アメリカ人は技術としては二流でも一流のように話せたり、マニュアル化するのが得意だったりします。

 

それは自分を訴訟から守るという背景が文化に繁栄されています。


凄い人はもちろんいますが、そんなにはいないと思うんです。

 

密度として日本が低いという事もないんです。今の日本に足りないのは、「自分で新しいことを考え実行すること」、そういう事なのかなと思いますね。

 

 *目次

【第一回】道のはじまり

【第二回】二人のライバルと高めあったオリジナリティ

【第三回】海外と比較した日本の理学療法士界事情

【第四回】「自信がない。」若手療法士の不安に対して

【第五回】福井先生にとってのプロフェッショナルとは?

 

 

福井勉先生

文京学院大学保健医療技術学部  教授
文京学院大学大学院保健医療科学研究科
スポーツマネジメント研究所 所長

[経歴]
昭和大学藤が丘病院、東京都立医療技術短期大学、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院主任、昭和大学医療短期大学助教授,昭和大学保健医療技術学部助教授を経て現在に至る。

昭和大学客員教授,茨城県立医療大学非常勤講師

[著書]
整形外科理学療法の理論と技術
ブラッシュアップ理学療法―88の知が生み出す臨床技術
皮膚運動学―機能と治療の考え方
皮膚テーピング〜皮膚運動学の臨床応用〜 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)
結果の出せる整形外科理学療法−運動連鎖から全身をみる
姿勢調節障害の理学療法 第2版
外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法
二関節筋―運動制御とリハビリテーション
ザ・シリーズ ザ・歩行 第1版
消っして忘れない運動学要点整理ノート (PT・OT必修シリーズ)
復帰をめざすスポーツ整形外科
スポーツ傷害の理学療法 第2版 (理学療法MOOK 9)


他多数

[論文]
In which direction does skin move during joint movement? (Skin Research and Technology,2015) An Educational Visual Material for Joint Moments in Evaluation of Posture and Movement.(WCPT),The relationship between Hip-Knee Joint Moments and Pelvic Tilt during Squatting.(WCPT),The relationship between saggital and frontal moment of the hip during pelvic sway movement.(ISB),Pelvic movement pattern during squatting(ISEK),筋・腱付着部損傷の治療―リハビリテーション―(MB Orthopaedics、2014),皮膚運動学の応用(臨床スポーツ医学,2014),鼠径部・股関節周囲筋のstiffnessに対するアプローチ(臨床スポーツ医学,2014).姿勢の標準化に関係する研究(NSCA学会誌、2014),.姿勢の非対称性が頸椎の回旋に及ぼす影響(理学療法科学,2012),呼吸運動時の胸部と腹部の皮膚挙動特性(理学療法科学、2012),スポーツ活動における運動連鎖について(Medical Rehabilitation,2011),膝スポーツ外傷・障害 姿勢動作から見る身体重心と筋負担(sportsmedicine,2010),基本動作の生体力学と臨床への応用のポイント(理学療法,2010) 姿勢保持とバイオメカニクス(総合リハビリテーション,2008)腰痛予防のコンディショニング(臨床スポーツ医学,2007)姿勢のバイオメカニクス(理学療法、2007) 関節病態運動学と姿勢制御(理学療法,2006)姿勢・動作分析における身体重心点の視覚的評価の検討(理学療法学,2006)姿勢制御について(理学療法―臨床・研究・教育,2006),外反母趾患者の運動機能病態の力学的計測と解析(バイオメカニズム学会誌,2005)運動器疾患領域における理学療法実践モデル(理学療法ジャーナル,2004),変形性膝関節症の運動力学的解析(昭和医会誌,2003),膝関節疾患の動作分析(理学療法科学,2003),スポーツ傷害と筋力(理学療法科学,2003),立位動作における下肢関節モーメント(臨床バイオメカニクス,2002),変形性膝関節症の病気別理学療法ガイドライン(理学療法,2002),EBP in physical therapy 運動器疾患の理学療法(理学療法ジャーナル,2001),大腰筋機能の臨床的考察(バイオメカニズム学会誌,2000),力学的臨床理学療法(近畿理学療法士学会誌,2000),力学的平衡理論,力学的平衡訓練(理学療法ジャーナル,1999),スポーツ傷害の治療(下肢)(理学療法科学,1998)身体平衡と動作分析(全国労災病院リハビリテーション技師会学術誌,1998),動作分析と運動連鎖(理学療法ジャーナル,1998),下肢スポーツ障害に対する生体力学的アプローチ(理学療法,1997),ジャンパー膝,Osgood-Scalatter病に対する運動療法(関節外科,1996),下肢支持モーメントと床反力垂直分力の関係についての検討(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1996),ジャンパー膝に対する保存療法,Monthly orthopaedics別冊,1996),肩関節周辺疼痛の評価,(理学療法ジャーナル,1995),スポーツ障害への運動コントロールと運動学習理論の応用,(理学療法ジャーナル,1995),スクワットにおける足関節可動制限が膝関節モーメントに及ぼす影響(体力科学,1994),下肢荷重連鎖の運動力学(理学療法,1995),慣性モーメント操作による骨盤回旋誘導の試み(理学療法ジャーナル,1995)膝関節固定下における身体運動が脛骨前方移動に及ぼす影響前十字靭帯機能の関与を中心として,(昭和医学会雑誌,1994),膝関節障害力学的平衡理論からみた膝関節障害(理学療法学,1994),運動学習の運動療法への応用(理学療法,1994),膝前後動揺性と床反力前後分力の関係について(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1993),陳旧性前十字靭帯損傷膝のpivot shift test時における前後不安定性の検討(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1993),膝蓋骨脱臼・亜脱臼に対するLATERAL RELEASE(臨床スポーツ医学,1993),膝関節運動療法のバイオメカニクス,(別冊整形外科,1993),膝前十字靭帯再建術後の早期理学療法について,(別冊整形外科,1993),足部骨折術後の早期理学療法(理学療法,1992),膝軟部組織疾患術後の早期理学療法(理学療法,1992),下肢の回旋運動とステップについて(Sportsmedicine,1991),骨関節疾患と運動療法:下肢回旋機能に着目して(理学療法学,1991),等速性収縮における表面筋電図周波数解析(東京都立医療技術短期大学紀要,1989)習熟理論の歩行への応用(理学療法学,1988),脛骨大腿関節のバイオメカニクス(理学療法学,1988),その他

  • Line
  • Hatena
【福井勉先生 | 理学療法士】海外と比較した日本の理学療法士界事情 文京学院大学
43180
43165

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01