Knee+Fitness |スタッフ インタビュー

  • Line
  • Hatena
604 posts

今回は、膝痛専門パーソナルトレーニングジムでKnee+Fitness働く田島大輝さんにお話を伺いました。

〈田島大輝さん〉

Q1.理学療法士としての経歴と前職場の環境や生活は?

大学を卒業後、5年半整形外科クリニックに勤務していました。手術も多く行っていたこともあり、術後の方や小学生から高校生を中心としたアスリート、ご高齢の方まで幅広く対応させていただきました。

また、休日は高校世代のトレーナー活動や運動イベントの救護活動など、コロナ禍にも柔軟に対応しながら、働いていました。テーピングや資格の勉強会、学術活動も積極的に行っている職場でしたので、新卒で就職しとても成長できた場所ではないかと思います。

Q2.整形外科クリニックから膝痛専門パーソナルトレーニングジムに転職した理由は?

前職では担当した多くの方から感謝の言葉をいただきとてもやりがいを感じていました。

しかし、どんなに研鑽を行っても、年功序列の職場であることから努力が目に見える形で反映されにくい状況にもどかしさがありました。加えて、医療保険の中で出来ることが限られていることもあり、よりワクワク出来ることをしてみたい、保険の括りで縛られていない自費の世界で挑戦したいという想いを以前から抱いていました。そのような状況の中で偶然、膝痛専門パーソナルトレーニングジムのことを知りました。SNSを通してですが、お客様の表情や喜びの声を拝見し、お互いに膝を良くしたいという気持ちがひしひしと感じ取れました。前職場では膝の学術班に所属しており、膝関節への関わりも深くあったことから、そのような慢性的に膝痛で悩んでいる方を今まで以上に親身になって改善させたいという想いで転職決意しました。

〈Knee+Fitness南青山店〉

Q3.Knee+Fitnessで働いての現状は?

・良かったこと

前職場の整形外科クリニックでは、外来リハビリテーションにて1単位(20分)が基本であり、多くても術後の方の2単位(40分)で担当させていただいていました。外傷・傷害直後であればその時間で十分に対応できましたが、慢性痛の方はどうしても改善に時間がかかることも多くありました。またセラピスト、対象者の方ともに運動(トレーニング)が状態を良くし、それを保つためには大切だと理解していても、1単位では限度があり自宅での自主練習の管理も十分に行うことが難しい状況でした。しかし、このKnee+Fitnessでは1回80分と十分な時間をかけて対応することができる為、トレーニング時間を十分に確保でき、細やかな問診や自宅での自主練習の確認まで行うことができるため、確実にお客様が良くなっていく実感があります。病院や個人ではあまり置けない様々な機器も揃えており、その方の状態に合わせて、モチベーションを高めながら行うことができる点も結果に大きく関係すると感じています。またパーソナルトレーナーとして指名をいただける状態になると、お客様にご迷惑をお掛けしない範囲で、連休や出勤時間の調節も出来るようになる為、クリニック時代よりフレキシブルな働き方ができているのではないかと感じています。

・大変なこと

2022年4月にパーソナルトレーニングジム(東京の羽村市にあるSOUND BODY)のコースの1つとして膝痛コースを開始し、膝痛専門パーソナルトレーニングジムとして南青山にて2023年10月に新店舗(Knee+Fitness)を出店したばかりです。なので、お客様のパーソナルトレーニングだけでなく、ハード面の整備やSNSの運用、各種業務などクリニック時代では行わないこともしていくため、そういった面での大変さが多くあります。また保険診療ではなく自費である為、認知を広げ集客をし、最高のものを提供しなければならない為、より親密な信頼関係を構築する必要があります。日々成果を出していかなければならないというプレッシャーはありますが、こういったことも自費の世界の魅力ではないかと思うため、よりよいものを提供できるように奔走しています。

〈ピラティス器具をはじめ、様々な設備を導入しています〉

Q4.Knee+Fitnessで働くのに向いている人は?

安定志向よりも上昇志向のある方が向いていると思います。病院は保険診療である為安定はしていますが、保守的な場所であり、挑戦できることが少ないと私自身も感じていました。その一方でKnee+Fitnessはベンチャー企業でもある為、良い意味でも悪い意味でも一人の成果が会社の今後を大きく左右してきます。入社すると様々な提案が可能であり、成果を出した分だけリターンも大きくなってきます。私自身そういった面が大きな魅力の一つではないかと感じております。このような環境である為、受け身ではなく主体的に行動する事が必要になります。よってただ漫然と楽をして仕事をしたい方にはおすすめはできないかもしれません。自分をもっと成長させたい、正当な評価・対価が欲しい、技術を向上させたい、そんな方を今後Knee+Fitnessが店舗を拡大していく中で必要としています。

2024年4月頃にオフライン(実技メイン)の研修会を予定!

これまでKnee+Fitness(SOUND BODY)では3か月待ちの膝痛専門パーソナルトレーニングジムとして4回シリーズオンラインにて研修会を行ってきました。内容としては変形性膝関節症を主とした膝関節に対する系統的アプローチ方法をお伝えしてきました。しかし、オンラインでは実際のハンドリングやパーソナルトレーニングの進め方、その内容などの詳細まではお伝えしにくい部分がありました。そういった点から今後は、実技をメインとしたオフラインでの膝関節に対する研修会を予定しております。

慢性化した膝痛に対しても結果が出る技術や知識を実技を交えながら詳細にお伝えいたします。2024年4月頃を目途に開催を予定しておりますので、詳細が決定致しましたらお知らせ致します。

  • Line
  • Hatena
Knee+Fitness |スタッフ インタビュー
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3
Yoko

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01