令和4年度診療報酬改定疑義解釈資料(その8)|厚生労働省

  • Line
  • Hatena
844 posts

13日厚生労働省は「疑義解釈資料の送付について(その8)」を公開した。以下にリハ関連を抜粋。

▶︎https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000938556.pdf

特定集中治療室管理料

問3 :

区分番号「A301」特定集中治療室管理料について、「特定集中治療室用の重症度、医療・看護必要度Ⅰ又はⅡのいずれを用いて評価を行うか は、特定入院料の届出時に併せて届け出ること。(中略)ただし、評価方法のみの変更による新たな評価方法への切り替えは4月又は10月までに届け出ること。」とされているが、評価方法のみの変更を行う場合、具体的にはいつまでに届け出ればよいか。

(答)一般病棟用の重症度、医療・看護必要度と同様に、評価方法のみの変更による新たな評価方法への切り替えは4月又は10月(以下「切替月」という。) のみとし、切替月の10日までに届け出ること。

回復期リハビリテーション病棟入院料

問4 :

区分番号「A308」回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準において、「公益財団法人日本医療機能評価機構等が行う医療機能評価を受けている病院」とあるが、公益財団法人日本医療機能評価機構による医療機能評価において、副機能としてリハビリテーション病院の評価を受けている病院についても該当するか。

(答)該当しない。

早期栄養介入管理加算

問6 :

区分番号「A300」救命救急入院料の注9、区分番号「A301」特定集中治療室管理料の注5、区分番号「A301-2」ハイケアユニット入院医療管理料の注4、区分番号「A301-3」脳卒中ケアユニット入院医療管理料の注4及び区分番号「A301-4」小児特定集中治療室管理料の注4に規定する早期栄養介入管理加算について、「入室した日から起算して7日を限度として」算定できることとされているが、

① 一連の入院期間中に、早期栄養介入管理加算を算定できる2以上の治療室に患者が入院した場合、当該加算の算定上限日数はどのように考えればよいか。

② 早期栄養介入管理加算を算定できる治療室に入院し、退院した後、入院期間が通算される再入院において、再度当該加算を算定できる治療室に入院した場合、当該加算の算定上限日数はどのように考えればよいか。

③ 入室後早期から経腸栄養を開始した場合は、開始日以降は400点を算定できることとされているが、治療室を変更した場合はどのように考えればよいか。

(答)それぞれ以下のとおり。

① それぞれの治療室における早期栄養介入管理加算の算定日数を合算した日数が7日を超えないものとすること。

② 初回の入院期間中の早期栄養介入管理加算の算定日数と、再入院時の当該加算の算定日数を合算した日数が7日を超えないものとすること。

③ 最初に当該加算を算定できる治療室に入室した時間を起点として、経腸栄養の開始時間を判断すること。なお、入室後48時間以内に経腸栄養を開始した患者が、早期栄養介入管理加算を算定できる他の治療室に入 院した場合は、400点を継続して算定可能である。

二次性骨折予防継続管理料

問7 :

区分番号「B001」の「34」の「ロ」二次性骨折予防継続管理料2の施設基準における「骨粗鬆症の診療を担当する専任の常勤医師」について、 区分番号「A308」回復期リハビリテーション病棟入院料の注4に掲げる体制強化加算1の施設基準における「当該病棟に専従の常勤医師」と兼任することは可能か。

(答)不可。

透析時運動指導等加算 

問8 :

区分番号「J038」人工腎臓の注14に規定する透析時運動指導等加算について、「透析患者の運動指導に係る研修を受講した医師、理学療法士、作業療法士又は医師に具体的指示を受けた当該研修を受講した看護師」とあるが、「透析患者の運動指導に係る研修」には、具体的にはどのようなものがあるか。

(答)現時点では、日本腎臓リハビリテーション学会が開催する「腎臓リハビリテーションに関する研修」が該当する。

 

【合わせて読む】

令和4年度診療報酬改定の答申(リハ関連抜粋版)

令和4年度診療報酬改定疑義解釈資料(その1)

令和4年度診療報酬改定疑義解釈資料(その6)

令和4年度診療報酬改定疑義解釈資料(その7)

  • Line
  • Hatena
令和4年度診療報酬改定疑義解釈資料(その8)|厚生労働省
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01