脳機能から考える社会的疼痛

  • Line
  • Hatena
591 posts

本日は社会的疼痛について脳機能から考えてみようと思います。痛みによって社会との関係が希薄になると人は苦痛を感じ、さらに痛みの改善を難しいものにします。社会的疼痛に対し理学療法士はどのようにしたらよいのでしょうか?自験例を元に対応方法についても書きました。

  Buenos noces!terapeuta!(スペイン語でこんばんは療法士のみなさん)、週の真ん中水曜日の江原です。 社会的な疼痛と聞いて皆さんはどんなことを想像するでしょうか?前回、侵害受容刺激が修飾され痛みになる記事を書きましたが、痛みの生物学的な側面である身体的要因を修飾し悪化させ...

この記事はプレミアム会員限定の記事です。

無料会員登録すると、月5本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録すると、
月5本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録する
  • Line
  • Hatena
脳機能から考える社会的疼痛
43165
43153

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01