【モデル症例】アロディニアの存在は神経障害性疼痛の理由にならない?

  • Line
  • Hatena
387 posts

触れても痛いアロディニア。神経障害性疼痛患者に多い訴えですが、これだけで疑うのはちょっと気が早い。アロディニアの訴えがあった、非器質的な上肢痛をモデルに、鑑別診断、理学療法士から医師への情報提供と治療経過についてお話します。

Buenos noces!terapeuta!(スペイン語でこんばんは療法士のみなさん)、週の真ん中水曜日の江原です。 神経障害性疼痛に多く認めれられるアロディニア(異痛症)。通常痛みを起こさないレベルの侵害刺激入力に対して,痛みが出てしまうモジュレーションの変化を起こす病態です。 これまでは...

この記事はプレミアム会員限定の記事です。

無料会員登録すると、月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録すると、
月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録する
  • Line
  • Hatena
【モデル症例】アロディニアの存在は神経障害性疼痛の理由にならない?
43165
43180

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01