PTOTSTのニュースレター

【SPOT Writer】痛み増強時こそ発揮すべき理学療法士の臨床判断

  • Line
  • Hatena
1854 posts

「運動したら痛みが増してしまいました」このような患者の訴えに対して、慢性疼痛に慣れてない理学療法士は動揺したりイラっとします。そうなる前に!その痛みが患者にどのような痛みを持つのかを判断し教えてあげましょう。患者自身で痛みを判断できるようになることも、改善への第一歩です。不安にさせたり医師に診てもらう前にもできることはある。痛み増強時の臨床判断についての記事です。

Buenas noches!terapeuta!(スペイン語でこんばんは療法士のみなさん)、週の真ん中水曜日の江原です。    理学療法士の想定通りにリハビリが進まないケースは一定割合で存在すると思います。痛みが主訴だと痛みそれ自体がリハビリの進行阻害要因となるため、うまく進めるために担当が頭...

この記事はプレミアム会員限定の記事です。

無料会員登録すると、月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録すると、
月1本のプレミアム記事が閲覧可能です。

無料会員登録する
  • Line
  • Hatena
【SPOT Writer】痛み増強時こそ発揮すべき理学療法士の臨床判断
Ptotst
Orange and white funny dating animated presentation  1

Popular articles

PR

Articles

Bnr 01